検索

『YKLvol.#16 ~Sing a Song Tour~』大阪公演のちプレ夏休み

『Yuki Kajiura LIVE vol.#16 ~Sing a Song Tour~』大阪2days公演が無事に終了しました。

コロナ禍による幾つものハードルをクリアしてライブに参加して下さったお客様に心より感謝申し上げます、ありがとうございました。


Hikaruをゲストに迎えてのKalafinaカバー曲は久しぶりにやる曲もありますけど、

今やってみると相当練って構築された曲だと改めて感じます。

その曲たちを今のYKL編成で座長自らのピアノ演奏バージョンを楽しんでいただければと思います。


二日目のゲストはAimerさん、何と表現して良いか・・・FBMの重厚な音圧にも決して埋もれない声の存在感にFBMみんなやられてます。

それにうちの歌姫の生コーラスですから、そりゃ無敵ですね。


話しは変わりますが、

僕は大阪公演終了後も大阪に居残り、プレ夏休みと称して今日はレンタカーで奈良の山の中にある大峯本宮天河大辨財天社に参拝したあと吉野付近をぶらぶらとしてきました。

天気も道中ところどころの雨ぐらいで傘を使う事もなく、途中の温泉に入ってみたりもしながら気儘なドライブで山々の清々しい空気と深い緑に癒された気がします。


今回の大阪は前乗りもしているのですが、食い道楽の大阪なのにお店が早々と閉まって少々残念。まあ、致し方なし、大阪城にも行けたので良しとします。


余談ですが、大阪城で思い出すのはその昔、大阪公演の合間に大阪城にまだ行ったことがないというWakanaとKEIKOを連れて大阪城を案内をしていた時、Wakanaが「大阪城は誰が造ったの?」の質問に僕が「今ある城は徳川が造ったものだけど、その前に秀吉が造っていてそれが大阪冬の陣、夏の陣で・・・」と説明していたら訊いた本人が大あくびした事。

もちろん即「訊いといてあくびするな!」と突っ込みましたけど、Wakanaらしくもあり何か可笑しくて、その時の何とも言えない複雑な僕の心中をお察しいただければと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「清秋の候」

10月も半ばとなりました。 まだ暑い日があったり肌寒い雨もあったりと、ころころと移り気な天気には正に「女心と秋の空」という言葉が合いそうですけど、晴れれば澄んだ空と清らかな空気がとても気持ち良いです。 先日、長年使っていたレコードプレーヤーがとうとうお釈迦になりました。 昔に比べれば使う頻度は少なくなったとは言え、40年近くも使っていたので立派に役割を果たし思い残すこと無く昇天してくれた思っていま

徒然日記「仲秋」

先週の東京は最高気温32度という日がありまして夏の暑さをまだ引きずっていましたけど、昨日からは気温が随分下がりまして朝方は肌寒いほどです。 皆様も中秋の名月を愛でられたでしょうか、東京は少し雲もありましたけどゆっくり流れる雲の隙間から見る月もなかなか趣があって良かったです。 私、昨日に新型コロナワクチンの一回目を接種いたしまして、そろそろ24時間が経ちます。 周りの友人知人からは熱が出るとか倦怠感