検索

『Yuki Kajiura LIVE vol.#16 ~Soundtrack Special~』終了のち梅雨明け

梅雨が明けたらいきなりの真夏、東京も連日じりじりと照りつける強い陽射しが続いております。


『Yuki Kajiura LIVE vol.#16 ~Soundtrack Special~』は無事に大阪公演を終了しまして、これで Soundtrack Special シリーズが終わりました。

(~Sing a Song Tour~は追加公演も含め東京中野サンプラザホール3公演が残っています)


Soundtrack Special はインスト曲がメインなので短い曲もありますけど、日替わり曲を含めた全32曲を自分なりに楽しく演奏させていただきました。

座長、FBM、Guest Vocal、Painterの総勢16名の大所帯、それ以上に多いツアースタッフも含めまして、幸いなことに体調不良者を1人も出す事無く終えることができて本当に良かったです。


サントラ曲には元々原曲にドラムが入っていない曲も結構ありまして、どうアプローチするかを考えるのはとても楽しいです。

劇中の短い曲だからと言ってレコーディングで16小節ぐらいしか持たないようなハードなドラムパターンをねじ込んだ結果、ライブアレンジで4~5分の曲となり地獄を見るという場合もありますけど。

基本的に僕のドラムは歌もののドラムだと思っていますけど、いろいろと試練も与えてくれ試行錯誤できる Soundtrack Special は僕を成長させてくれる場でもありますので、今後も続けられたら嬉しいです。



さて、一部の競技は始まっていますが、いよいよ一年待った東京五輪の開幕ですね。

開催に賛否ある大会なのは承知の上で、僕個人としては以前のブログにも書いた様に楽しみにしています。

多くのアスリート達が目標にしてきた4年に一度のオリンピック、その切符を掴むまでにどれ程の努力を重ねてきたか・・・その陰に涙を飲んだ選手がたくさんいること、アスリートは現役生命が短いことなどを考えますと応援しないわけにはいきません。


きっと今回も様々な競技で筋書きの無い劇的なドラマがあると思います。

極限まで磨き上げられた人類の心技体の最高峰を見て、僕ももっと頑張ろうという感動と元気を頂こうと思います。

願わくば日本代表選手が存分に力を発揮し一つでも多くのメダルを取れますように。

3件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「清秋の候」

10月も半ばとなりました。 まだ暑い日があったり肌寒い雨もあったりと、ころころと移り気な天気には正に「女心と秋の空」という言葉が合いそうですけど、晴れれば澄んだ空と清らかな空気がとても気持ち良いです。 先日、長年使っていたレコードプレーヤーがとうとうお釈迦になりました。 昔に比べれば使う頻度は少なくなったとは言え、40年近くも使っていたので立派に役割を果たし思い残すこと無く昇天してくれた思っていま

徒然日記「仲秋」

先週の東京は最高気温32度という日がありまして夏の暑さをまだ引きずっていましたけど、昨日からは気温が随分下がりまして朝方は肌寒いほどです。 皆様も中秋の名月を愛でられたでしょうか、東京は少し雲もありましたけどゆっくり流れる雲の隙間から見る月もなかなか趣があって良かったです。 私、昨日に新型コロナワクチンの一回目を接種いたしまして、そろそろ24時間が経ちます。 周りの友人知人からは熱が出るとか倦怠感