検索

徒然日記「それぞれのカタチ」

台風14号は思ってたよりだいぶ東寄りを旋回するようなコースを辿り、東京は先ほど一瞬ですが陽射しも覗かせましたけど・・・伊豆諸島方面の被害が最小限になるよう願っています。

週間予報ではこの台風が去っても台風一過でスカッと晴天とはならず、暫くははっきりしない天気のようで、秋の良い季節をちょっと損するような気分です。


さて、東野純直のLIVE TOUR 2020「明日のカタチ」の初日が終わりました。

Tourと言っても埼玉+東名阪の4公演、その内で僕が参加するのは初日の埼玉よと千秋楽の東京だけですけど。


東野とは彼がデビュー直後の1994年のBREATH Tourからの長い付き合いになります。

僕達は彼をAZ(アズ)と呼んでいますが、その名からアルバムのタイトル名がAから始まりB・C・D・・・と現在はMに至ります。

Gのアルバム「Glissando」前後ぐらいはレコーディングからLiveに麻雀まで、四六時中一緒にいたと思います。

ちなみに梶浦チームでもお馴染みのKeyboardの櫻田君とはKのアルバム「Key stone」の製作で初めて会いましてプレイもセンスも抜群、それでいて控えめな性格を大いに気に入りまして、それが後のKalafina サポートに繋がることになります。


前のブログにも書きましたけど、AZはラーメン屋もやっていて昨日の本番終わりも「これから店に戻って餃子を200個作る」と言っていました。

僕とは違い、AZは元々器用で多角的な事も出来るタイプだと思うのですが、二足のわらじにはそれなりの苦労はあるだろうと察します。

機会がありましたら東京都昭島市の「支那ソバ 玉龍」へどうぞ。



例の私事、秋の一人旅を計画中。

昨日の楽屋でベースの竜ちゃんと話してて、竜ちゃんは西伊豆に別荘(お父さんの実家)があり、僕も何度か行ったことがあるのですが、その近くの松崎町はとても良いところだと聞きました。

コンビニとか飲み屋さんも適度にあるような小さな漁港の街、ちょうどいい田舎な気がしてきましたので、今のところ茨城県も捨てがたいけど候補地の一つになりました。

僕が一人で旅をした経済効果などと口に出すのも憚れますけど、塵も積もれば山となる、

皆様も感染予防をしながらそれぞれの秋を楽しんでいただければと思います。

2件のコメント

最新記事

すべて表示

『FictionJunction Station Fan Club Talk & Live vol.#1』大阪公演

早いもので2021年の四分の一が終わり四月に突入しました。 東京の桜も早々に散り始め、このコロナ禍で昨年に続き桜をゆっくり愛でることができなかったのは悲しいですけど、来年こそは何の憂いもなく純粋に桜の季節を楽しめると願っています。 本日は早朝から大阪のホテルの一室にてこのブログをしたためておりますが、 今日3日、明日4日と梶浦由記ファンクラブ限定ライブ『FictionJunction Statio

ありがとう、NHK歴史秘話ヒストリア

NHKの歴史番組、歴史秘話ヒストリアが昨日で最終回でした。 このHPを見てくれている方はご存じの方も多いと思いますが、僕は元々歴史がとても好きですので番組の放送開始から12年の間、ほぼ欠かさず楽しませて頂きました。 毎回どの放送も趣のある興味深い内容でしたけど、一番印象に残っているのは2013年に放送された「発掘!真田幸村の激闘〜最新研究から探る大坂の陣〜」です。 それまで僕は大阪で時間が有る度に

©SATO KYOICHI.ALL RIGHTS RESERVED.