検索

徒然日記「収束への光」


 全国的に緊急事態宣言が解除されて徐々に経済活動も復活して行きそうで、油断は出来ませんが、収束の可能性に光が見えたことで先ずは少しホッとします。

思い返してみますと、全く未知であったこの新型コロナウイルスがどんどん感染拡大中だった頃は不安ばかりで皆様もかなりのストレスがかかった事と思います。

緊急事態宣言で自粛要請と言っても日本では法的な罰則もない中で、一人一人が他の人の身になって考え行動した素敵な日本人を誇りに思います。

また各自治体の知事さんも、それぞれの地域の事情を抱えながらも良くやってくれていると思います(特に大阪府知事はかっこよかった)。

僕の私見ですけど、新聞やTV(特にワイドショー的番組)などを見ていますと、政府や専門家会議の対応、対策に批判的な内容が多かったように感じました。

でも、このウイルスに関しては諸外国に比べると感染者も亡くなった方も圧倒的に少ないのは紛れもない事実ですから、少しぐらいは素直に褒める声があってもいいのにと思いますので、

この点に関して僕は政府や専門家会議に、そして医療関係、インフラ関係、物流関係、他ご尽力くださった皆様にも、良くやって頂きましたと感謝を申し上げます、ありがとうございました。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日の東京は風もなく、とても穏やかな青天です。 まだまだ全国的に寒さの厳しい日は続いていますが、それでも少しずつですが日が長くなってきまして、心なしかお日様のエネルギーも増してきたようにも感じます。 皆様ももうご存じかと思いますが、深夜に僕の郷里の大分では大きな地震がありました。 電話で安否を確認したところ、母上曰く「だいぶ揺れたけん、たまがったけど特に問題無い」との事でした。(たまがったとは方言

東京の寒波も一番厳しい時期かと感じますが、日中は穏やかな良い天気でした。 一方、北海道や東北に北陸、関東でも内陸では今季一番の大雪だとか・・・各地の除雪作業や雪かきの映像をなどを見ますと雪国の大変さが伝わってきます。 折しも燃料が高騰していますので光熱費が嵩んでのご苦労もあるかと、心中お察し申し上げます。 今日は1月15日の小正月で関西でも松の内は終わりですね。 小正月にはあずきを食べると縁起が良

全国的に厳しい寒さが続いておりますが、昨日はまた格段の厳しさで東京にも雪が積もりました。 北日本や北陸の方から見たら「その程度で、何を大げさな」と言われそうですけど・・・ 積雪に慣れていない東京では少し積もっただけで大事になります。 日陰の路肩などの雪は固まってなかなか解けませんので、外出される方はくれぐれも足元にお気を付けてください。 今日は1月7日、2022年も一週間が経ち松の内が過ぎようとし