検索

徒然日記「向春の候」

更新日:3月1日

関東はまだ風も冷たいのですが、一昨日あたりより日中の気温が上がってきまして、2月も終わりに来てやっと水温む季節の到来を実感します。

先週はニュースで北日本や北陸を中心にした暴風+大雪の映像を見ましたが、このブログを見ている皆さまはご無事だったでしょうか・・・交通機関が麻痺したりと大変なご苦労があった事、お察し申し上げます。



先週末、このところのロシアによるウクライナ軍事侵攻のニュースなどで気持ちが滅入ることも多いので、気分転換の意味も込めてお墓参りに行ってきました。

まあ、いつもの故青山純氏と千春さんサポート時にお世話になったスタッフの方ですけど、コロナ禍の事も含めて勝手ながら少々愚痴っぽい事も聴いてもらい、だいぶ気持ちをすっきりとさせていただきました。


その帰り路のついでに車屋さんに寄ってもう20年も乗っている愛車のオイル交換もやってもらいました。

時代の流れに逆行するようで恐縮もしますけど、僕のV8 5200cc エンジンはとても滑らかに回り絶好調、青い空の下で気持ちまで晴々するような良いドライブにもなりました。

ちなみに、購入からメンテナンスまでずっとお願いしている車屋さんからは毎回「佐藤さん、こんなに状態の良いやつは滅多に無いのでずっと乗ってください」などと言われ、営業文句かもしれませんけど・・・まあ、悪い気はしなく(笑)

20年の間、あんな事もこんな事も・・・苦楽をともにした愛着のある車ですので、これからも大事に乗ろうと思っています。


さて、明日からはもう3月ですね。

花粉の飛散も始まったようで花粉症の方には辛い季節になりますが、これも避けては通れない事ですので、出来得る対策をしながら花粉の季節を乗り切りましょう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

私事ですが、今年2022年、僕の年齢は本厄ということで(前厄という説もあるようですが)前々から行かなくてはと思っていた神奈川県寒川町の寒川神社へ厄払いに行って参りました。 寒川神社様のホームページに『厄年とは、私たち日本人が長い間かけて経験的に学んだ生活の知恵です。厄年と呼ばれる時期には、精神的にも肉体的にも大きな転換期、人生の区切りがあり、この人生の節目を、健康に過ごすための転ばぬ先の杖として、

このところの東京は日中こそ30℃を少し越えて、まだ蒸し暑さを感じますけど、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。 先日の素晴らしい中秋の名月は、皆様も愛でられましたでしょうか。明るい満月に照らされアスファルトに落ちる自分の影と、頭上の名月を交互に見ながら、秋虫達の声をBGMにした夜のウォーキングは、なかなか乙なものでした。 月を見ながら、ふと(あいつ、どうしてるかな?)と思い出した古い友人に電話