検索

徒然日記「墓前にて」

今週は東京でも雪が降りましたけど積もるほどでもなく、昨日からはまた気持ちの良い晴天で昨夜の月はLEDライトのようにくっきりと明るく輝いていました。


さて、この緊急事態宣言で人と会って話す時間を持つのにも躊躇しますが、墓前で故人となら何の気兼ねもなく堂々と話せるということで今週は師匠の故青山純さんと松山千春さんサポート時代にお世話になった方のお墓参りに行きました。

だらだらと思いつくまま近況報告などしたら何だか気持ちが軽くなったような気がします。


墓前にて僕が師匠のレベルになかなか追いつけないのはやっぱり師匠が天才だったからだと持ち上げつつも(実際に天才でしたけど)、でも唯一寿命だけは僕が勝ってるから今に見てて下さいなどと大口をたたいてきました。

もうお一方は松山千春さんサポート時代に千春さんの東京事務所におられた方で主にファンクラブの運営なさってた方ですけど、いつも僕に良くして下さって本当に有り難かった。

6年半ほど千春さんのサポートをさせていただく中でいろいろと助けていただきまして、

もしこの方がいらっしゃらなければ6年半も続かなかった気がします。


実は千春さん関係ではもう一人、ツアー中のバンドやスタッフのケアをやられていた札幌事務所の方も亡くなられていまして、彼女にも相当お世話になって札幌に行ったときには必ず墓参りをさせていただいております。ここ数年はなかなか行けてなくモヤモヤしていましたけど、何だか今年は行けそうな気配がありますので密かな楽しみにしています。



話しは変わりますが、来月の8日に緊急事態宣解除となるでしょうか・・・

素人の僕の私見ですが、まだ季節的に低温度低湿度で人間には不利だと思います。

でも経済が原因でも無くなる命が増えていると聞きますので、願望も込めまして気持ちだけは早い解除になることを願っています。


天気予報ではまた北海道や本州日本海側では荒れ模様とのことですので大雪や暴風雪などには十分お気を付けて下さい。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「清秋の候」

10月も半ばとなりました。 まだ暑い日があったり肌寒い雨もあったりと、ころころと移り気な天気には正に「女心と秋の空」という言葉が合いそうですけど、晴れれば澄んだ空と清らかな空気がとても気持ち良いです。 先日、長年使っていたレコードプレーヤーがとうとうお釈迦になりました。 昔に比べれば使う頻度は少なくなったとは言え、40年近くも使っていたので立派に役割を果たし思い残すこと無く昇天してくれた思っていま

徒然日記「仲秋」

先週の東京は最高気温32度という日がありまして夏の暑さをまだ引きずっていましたけど、昨日からは気温が随分下がりまして朝方は肌寒いほどです。 皆様も中秋の名月を愛でられたでしょうか、東京は少し雲もありましたけどゆっくり流れる雲の隙間から見る月もなかなか趣があって良かったです。 私、昨日に新型コロナワクチンの一回目を接種いたしまして、そろそろ24時間が経ちます。 周りの友人知人からは熱が出るとか倦怠感