top of page
検索

徒然日記「夏の終わりに思う」

暑い日はまだ続きそうな気配ですが暦の上ではとうに秋、月日が経つのは本当に早く、2020年の8月が過ぎ去ろうとしています。

皆様はこの夏をどの様に過ごされましたでしょうか?


僕はご存じの通りこの新型コロナ騒動で仕事は延期や中止ばかり、そのお陰で右眼の手術をするという予想もしなかった2020の夏になりました。

きっと誰もが予期せぬ普段とは違う生活を強いられ、各々の人生の中でも忘れられない2020の夏になったのではないでしょうか。


まあ、今の人間の寿命を考えてみれば、生きている間に何回かの疫病や災害などの苦難に遭う事になっているのかもしれません。

先人達もそれを幾度も乗り越えて今があるのですから、僕達も淡々と乗り越えて行くしかありません。


僕個人は今回の未知のウイルスに対して最初から正しい対策なんか誰も分かるはず無い中、日本は発生源の中国に近い上、初期に外国のクルーズ船の対処があったにも関わらず、欧米に比べると死者数が圧倒的に少なく済んだのは素直にこの国の皆が良く頑張ったのだと思っています。


元々が清潔好きな国民性で、自主的にマスクやフェイスガードをし、強制力もないのに自粛要請をきちんと守る、そんな日本人の他人を思いやる心がとても素敵で誇りにも思います。

だんだんとウイルスの正体も分かってきている様ですし、ワクチン開発も急ピッチで進んでいるようですので、克服の時まで今まで通り自分の出来る予防をしっかり続けながら「正しく恐れる」が良いように思います。


28日に安倍首相が持病の悪化により辞任を表明されましたが、日本国民の代表として7年8ヶ月の間、本当にお疲れ様でした。

先ずは病気の治療に専念していただきまして、公務に支障がないほどに回復した暁には、外交分野などでまた日本のために働いてほしいと願っています。



余談、今朝ベランダに出ると一匹の蝉が白い塗装が剥げかかったようなお腹を上にして息絶えてるのか、それとも寝ているか・・・サンダルの先でちょんとつつくと「ミッ」と一言発し、バタバタとベランダの手すりに衝突しながらも何処かへ飛んで行きました。

蝉はオスだけが鳴くらしいです、一夏の命ですから刹那的でも良いメスを見つけて燃え尽きてほしいと思いました。


今年は夏祭りの太鼓の音も聞こえず、週末に遠くで鳴る花火の音も無く、何か物足りない夏が不憫にさえ感じますけど・・・

来年の夏はきっと「去年の騒動はいったいなんだったんだろうね」と言いながら仲間達とジョッキのビールを飲めると信じています。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「梅花の候 2024」

今日の東京は朝からしとしとと冷たい雨が降っています。このところ暖かい日が続いて、特に昨日の日中はほとんど半袖で過ごせるほどの陽気でしたけど、予報ではこれから寒さがぶり返すとのこと、皆様も急激な寒暖差にお気を付け下さい。 こつこつと続けてきた楽器のメンテナンスが漸く終わりました。金属パーツを外し綺麗に磨きつつ経年劣化したパーツを取り寄せては、新しいヘッドとともに組み上げてチューニング。スネアドラムだ

FBMの気持ち、送りました(2024)

先週、FBMの気持ちとして些少ではありますが、お約束通り能登半島地震災害への義援金を石川県へ託させていただきました。(近県でも被害があったことを承知しておりますが、被害の大きさを鑑みて石川県へとさせていただきました) このお金はFBMの活動資金としてプールしてあった中の一部で、僕個人のものではありませんし、元々はFBMのライブに足を運んで下さった皆様、FBMグッズを購入して下さった皆様あっての原資

徒然日記「向春の候 2024」

やはり暖冬ということでしょうかね、このところの東京は例年に比べてもだいぶ暖かい気がします。段々と日の長さも伸びてきたと実感できるこの頃ですが、予報では明日と明後日の東京は最高気温19℃まで上がるらしいです。確か去年の桜の開花は早かったように思いますけど、この分だと今年の桜も早く咲きそうな気配ですね。 先日のブログにドラムのメンテナンスのことを書きましたけど、主力の2セットを仕上げた後も練習に使って

bottom of page