検索

徒然日記「惜春の候」

更新日:4月28日


 昨日の東京は強い陽射しが初夏のようでしたけど、今日は曇り時々雨で湿度が高く、時折吹く強めの風も若干ぬるめに感じます。いつものウォーキングコース途中にある今月頭には満開を誇っていた桜は、今では完全な葉桜となりまして緑色が隙間無く日に日に濃くなってきたように感じます。


『Yuki Kajiura LIVE vol.17~PARADE~』の Guest Vocal が発表になりました。

梶浦チームにはお馴染みの戸丸華江さん、日替わりではAimerさん、ASCAさん、JUNNAさん、いずれも素晴らしい歌声の持ち主ですが、この方達+レギュラー歌姫のVocal陣は想像するだけで垂涎ものでございます。まだセットリストは訊いてませんけど・・・おそらく、あの曲はやるのだろうと勝手に想像しながら、今から楽しみにしているところです。


 先日、梶浦チームのレコーディングで座長からグッズの一部の原案を少し拝見させてもらいました。雑談がてらにどの色が好みかと訊かれたので、FBMの物販奉行として真面目にその中の一つを選んだのですが・・・座長にとっては意外だったらしい、笑

ちなみに、そこにいた男子は皆僕と同じ意見でしたので、これは完全男側の目線ですけどね。果たしてどの色になるか興味もありますけど、座長が作る物は実用的で良い品物ですので、どの色になっても個人的に買う気満々でいます。


 さて、今週末からはもうゴールデンウィークに突入しますね。生憎、天気はスカッとしないようで、曇りを軸にして晴れや雨が交互に来る予報ですけど、三年ぶりに新型コロナによる行動制限が無い大型連休です。

まあ、公に制限が無くとも感染対策を継続しない所など今の日本には無いと言っても過言ではないでしょう。テレビのニュースで偉い人達が「気を緩めないように」とか言っているのを見て「あなた方に言われなくても分かってます!」と子どもの様に少々ムッとするのは僕だけでしょうかね・・・。

 各々がいつも通りの感染予防を継続しながら、このゴールデンウィークを大いに楽しんでいただきたいと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

私事ですが、今年2022年、僕の年齢は本厄ということで(前厄という説もあるようですが)前々から行かなくてはと思っていた神奈川県寒川町の寒川神社へ厄払いに行って参りました。 寒川神社様のホームページに『厄年とは、私たち日本人が長い間かけて経験的に学んだ生活の知恵です。厄年と呼ばれる時期には、精神的にも肉体的にも大きな転換期、人生の区切りがあり、この人生の節目を、健康に過ごすための転ばぬ先の杖として、

このところの東京は日中こそ30℃を少し越えて、まだ蒸し暑さを感じますけど、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。 先日の素晴らしい中秋の名月は、皆様も愛でられましたでしょうか。明るい満月に照らされアスファルトに落ちる自分の影と、頭上の名月を交互に見ながら、秋虫達の声をBGMにした夜のウォーキングは、なかなか乙なものでした。 月を見ながら、ふと(あいつ、どうしてるかな?)と思い出した古い友人に電話