top of page
検索

徒然日記「晩秋」

今日も日中はわりと暖かくて、晩秋にしては先週からぬるめの秋という感じでしたが、予報では明日から寒さが戻ってくるそうです。

そしてあと5日も経てばもう師走ですよ、年末ともなればイレギュラー続きでいろいろあった2020年もあっという間だったと感じることでしょう。


新型コロナウイルスの陽性者数増加が第三波とか・・・Go toキャンペーンで経済も復調の兆しかと思っていたのにとても残念ですが、これから3週間ほどは大きな都市部で飲食業界はまた時短営業とのこと、出来る限り僕は営業時間内で利用させてもらおうと思っています。

ワクチンなどの対策が確実に出来るまではちょっと調子に乗りすぎたら反省して大人しくしとく、大丈夫そうになったらまた経済の輪に入る、その繰り返しのような気がします。

まあ、このウイルスに関して現代の人類の英知を結集しても未知の事ばかりなのですから、多少の不便は致し方なし、一人一人が現状で分かっている感染予防の基本をきっちりとやっていくしかありません。



さて、メンテナンスした30年前のドラムをレコーディングで実際に使ってみましたが、とても良い感じです。

金属パーツなどは新しいものに替えていますが音色は当時のまま、いや当時よりも良い音がしてるいと思います。

楽器としては既にビンテージの域になるかと思いますが、シェル(胴)さえ問題無ければ僕の人生以上に使われて行くドラムかもしれません。


スタジオの照明でピンクぽく映りましたけど、実際はこの写真よりもう少し暗めの赤でメイプルの木目が透けて見えます。

僕のドラムがが全て赤系統なのは子どもの頃に見ていたテレビ番組の生バンドのドラマー(お名前も存じ上げませんが)が使っていた赤いドラムに憧れたからです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「梅花の候 2024」

今日の東京は朝からしとしとと冷たい雨が降っています。このところ暖かい日が続いて、特に昨日の日中はほとんど半袖で過ごせるほどの陽気でしたけど、予報ではこれから寒さがぶり返すとのこと、皆様も急激な寒暖差にお気を付け下さい。 こつこつと続けてきた楽器のメンテナンスが漸く終わりました。金属パーツを外し綺麗に磨きつつ経年劣化したパーツを取り寄せては、新しいヘッドとともに組み上げてチューニング。スネアドラムだ

FBMの気持ち、送りました(2024)

先週、FBMの気持ちとして些少ではありますが、お約束通り能登半島地震災害への義援金を石川県へ託させていただきました。(近県でも被害があったことを承知しておりますが、被害の大きさを鑑みて石川県へとさせていただきました) このお金はFBMの活動資金としてプールしてあった中の一部で、僕個人のものではありませんし、元々はFBMのライブに足を運んで下さった皆様、FBMグッズを購入して下さった皆様あっての原資

徒然日記「向春の候 2024」

やはり暖冬ということでしょうかね、このところの東京は例年に比べてもだいぶ暖かい気がします。段々と日の長さも伸びてきたと実感できるこの頃ですが、予報では明日と明後日の東京は最高気温19℃まで上がるらしいです。確か去年の桜の開花は早かったように思いますけど、この分だと今年の桜も早く咲きそうな気配ですね。 先日のブログにドラムのメンテナンスのことを書きましたけど、主力の2セットを仕上げた後も練習に使って

bottom of page