検索

徒然日記「深秋」

このところ、穏やかな秋晴れが続いており心地よい毎日を過ごせています。

読書の秋、食欲の秋とか言いますけど皆様はどの様な秋でしょうか・・・僕はどちらかと言えば読書の秋になっています。


本屋さんでふと手に取った文庫本、読み出したらなかなか面白く、今出てるシリーズを探してその四作品目を読んでいるところです。まあ、僕が読む本ですから歴史・時代ものですけどね。

井原忠政という作家の「三河雑兵心得」下っ端の足軽が数々の危機をくぐり抜けて徐々に出世していく話しで、少々生々しい戦闘場面もありつつ主人公の茂兵衛が苦い失敗を経験しながら少しずつ成長してゆく物語です。

この後、どこまで成長しどんな終わりになるのかを毎夜楽しみに読んでいます。



さて、早いもので今年も残り一月半ですねぇ。

こつこつやってきたドラムのメンテナンスも全て終わり、元来物持ちの良い僕なのですが、

30年も前の楽器がピカピカに蘇って、早くライブでも披露したいと僕も楽器もやる気も満々でございます。


巷では新型コロナウイルスが再流行とのこと、社会経済を回しながらも感染をしないようにする、矛と盾ですけど両方大事ですから何とか乗り切るしかないですね。

(ちなみに私、インフルエンザのワクチンは接種済みでございます)

耳にタコですが皆様も出来る予防をしっかりしつつ深まるこの秋を楽しんでください。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「清秋の候」

10月も半ばとなりました。 まだ暑い日があったり肌寒い雨もあったりと、ころころと移り気な天気には正に「女心と秋の空」という言葉が合いそうですけど、晴れれば澄んだ空と清らかな空気がとても気持ち良いです。 先日、長年使っていたレコードプレーヤーがとうとうお釈迦になりました。 昔に比べれば使う頻度は少なくなったとは言え、40年近くも使っていたので立派に役割を果たし思い残すこと無く昇天してくれた思っていま

徒然日記「仲秋」

先週の東京は最高気温32度という日がありまして夏の暑さをまだ引きずっていましたけど、昨日からは気温が随分下がりまして朝方は肌寒いほどです。 皆様も中秋の名月を愛でられたでしょうか、東京は少し雲もありましたけどゆっくり流れる雲の隙間から見る月もなかなか趣があって良かったです。 私、昨日に新型コロナワクチンの一回目を接種いたしまして、そろそろ24時間が経ちます。 周りの友人知人からは熱が出るとか倦怠感