top of page
検索

徒然日記「清秋の候」

10月も半ばとなりました。

まだ暑い日があったり肌寒い雨もあったりと、ころころと移り気な天気には正に「女心と秋の空」という言葉が合いそうですけど、晴れれば澄んだ空と清らかな空気がとても気持ち良いです。


先日、長年使っていたレコードプレーヤーがとうとうお釈迦になりました。

昔に比べれば使う頻度は少なくなったとは言え、40年近くも使っていたので立派に役割を果たし思い残すこと無く昇天してくれた思っています。

ちなみに、このプレーヤーに初めて針を落としたのはShalamar(シャラマー)、「A NIGHT TO REMEMBER」のイントロのかっこよさにビンビンしびれたのを思い出します。


アナログレコードの扱いはCDなどより気を使い面倒も多いのですが、やはり音に奥行きがあって柔らかく聴き疲れしないので、時間に余裕が出来たときなどは無性に聴きたくなる時があります。

しかも、最近はレコードの良さが見直されているようで、つい最近も「鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編 オリジナルトラック」、少し前にはKalafinaのアルバムも数枚レコードで出ていたりと僕が携わった音楽にもレコード盤がありますので、このところ夜な夜なネットで新品中古問わずでレコードプレーヤーを探す日々となっています。


俗に言うオーディオマニアでもないので最高級は必要無くとも、一応はミュージシャンの端くれですので上中下なら中、松竹梅なら竹あたりを探していますが、なかなか帯に短し襷に長しで・・・時々熱くなった頭を夜風に冷やしながら秋の夜長を楽しんでいます。



さて、Live Scheduleにはアップしておりますが、KAI BAND Christmas Dinner Show 2021「SHOW MUST GO ON」にサポート参加させていただきます。

前回、2019~2020の45周年ツアーに参加させてもらいながら、Final公演が新型コロナで2021年に延期になり、スケジュールの都合とは言え最後の最後で参加出来なかったことは正直に無念でございました。


今回の会場、グランドプリンスホテル新高輪・飛天の間は甲斐バンドの再始動となった1999年の甲斐よしひろ・甲斐バンドのデビュー25周年を記念した時のライブ会場ということですので、前回の無念も晴すべく密かにめらめらと燃えております。

甲斐バンドチームに入ればこの僕も若輩者ですが、しっかりと自分の役割を果たそうと思います。



新型コロナ感染者数、重症者数も随分と落ち着いてきました。

落ち着いてきた原因がいまいちはっきり分からず、手放しでは喜べませんけど・・・

そろそろ僕も好きな居酒屋探訪やプチ旅行なども計画して超微力でも社会経済活動に参加していこうと思います。

皆様も先ずは感染予防継続、健康第一でこの秋を楽しんでください。




追伸、

僕が所属する株式会社レガートミュージックが引っ越しました。

(既にCONTACTのページは変更しております)

新しい住所:〒151-0053 東京都渋谷区代々木 2-27-8 代々木レジデンス501

今後のお手紙などはこちらへお願いいたします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「入梅の候 2024」

昨日までの数日間、東京は30℃を超える真夏日が続き梅雨を飛び越したような暑さでしたけど、今日は朝からずっと本格的な雨が降っています。暑さで干からびはしないかと心配していた道端の紫陽花群には息を吹き返す喜びの雨になったのではないでしょうか。九州や四国ではもう梅雨入りが発表されていますので、関東もそろそろ梅雨入りですね。これからは皆様も大雨にご注意ください。 『Yuki Kajiura LIVE vo

2024『Yuki Kajiura LIVE vol.#20~日本語封印20th Special~』スタート!

2024年の『Yuki Kajiura LIVE vol.#20~日本語封印20th Special~』が昨日、昭和女子大学 人見記念講堂より開幕となりました。御来場下さったお客様に梶浦楽団の一員として心より感謝を申し上げます。生憎の天気で足元が悪い上に交通機関にも乱れがあった中、本当にありがとうございました。 ツアー初日ということで、スタッフを含めて多少の緊張感もあったように感じましたけど、特に

蛍の季節 (2024)

数日前の夜ウォーキング中にて今年初の蛍との遭遇がありました。散歩道に沿って流れる小川にかかる橋の上で二組の家族とおぼしき人影が・・・・・・もしやと思い近づいて後方から覗いてみると案の定、川面に覆い被さる草の合間からふわっと優しく点滅する蛍光を確認しました。 早いもので今年ももう蛍の季節なんですね。まあ、今の街に住むようになってから大体この時期には毎年のことではあるのですが、この地の蛍たちがちゃんと

Comments


bottom of page