検索

徒然日記「節分」

今年は明治30年(1897)以来124年ぶりに節分が2月2日、立春が2月3日になったそうですけど、皆様は豆を撒いたり恵方巻きを食べましたでしょうか。

ちなみに37年前の昭和59年(1984)は逆に節分が2月4日で立春が2月5日だったとのことですが・・・その頃の僕はひたすらもがきながらもやっと掴みかけた夢を何とか離すまいと必死で、節分や立春などを1ミクロンも感じる余裕は無かったと思います。


この節分の恵方巻きという風習を僕が知ったのはここ10年ぐらいのことで、僕の感覚では全国的に知られたのも割と新しいと思うのですが、どうなんでしょう・・・少なくとも僕が育った時の九州には無かったように思いますけど。

関西出身の僕のマネージャーさん曰くは小さい頃から恵方巻きを食べていたそうですので、元々は関西での発祥でしょうかね。


節分の日に日本人が一斉に同じ方角を向き太巻きを黙々と食べる、少し滑稽にも感じられますけど、各々の家で「違う、もっと右方向」とか「いま話しかけないで」とか言いながら一心に太巻きを頬張る家族の姿を想像しますと何とも可愛くて微笑ましいですね。


かく言う私、昔はバレンタインデーのチョコも然り、この恵方巻きも商売の戦略にまんまと乗せられているようで素直には受け入れない天邪鬼でしたけど、今ではその商売をされている関係者が一杯儲かれば良いと率先して乗るような大人になりました、笑。

一応、後からビールのあてになるため小袋に入ったままですけど豆菓子も撒いたのでおそらく今年もまた幸運だらけだと思っています。



残念ながら緊急事態宣は10都府県で3/7までに延長となりましたけど、このところは陽性者も段々と減ってきまして実効再生産数も下がって全体には良い傾向だと思います。

密かに期限前に解除される状況になれば良いなと思っていますが、立春を過ぎたとは言えまだまだウイルスには有利な寒く乾燥した日が続きますので皆様も正しく用心をしてください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日の東京は風もなく、とても穏やかな青天です。 まだまだ全国的に寒さの厳しい日は続いていますが、それでも少しずつですが日が長くなってきまして、心なしかお日様のエネルギーも増してきたようにも感じます。 皆様ももうご存じかと思いますが、深夜に僕の郷里の大分では大きな地震がありました。 電話で安否を確認したところ、母上曰く「だいぶ揺れたけん、たまがったけど特に問題無い」との事でした。(たまがったとは方言

東京の寒波も一番厳しい時期かと感じますが、日中は穏やかな良い天気でした。 一方、北海道や東北に北陸、関東でも内陸では今季一番の大雪だとか・・・各地の除雪作業や雪かきの映像をなどを見ますと雪国の大変さが伝わってきます。 折しも燃料が高騰していますので光熱費が嵩んでのご苦労もあるかと、心中お察し申し上げます。 今日は1月15日の小正月で関西でも松の内は終わりですね。 小正月にはあずきを食べると縁起が良

全国的に厳しい寒さが続いておりますが、昨日はまた格段の厳しさで東京にも雪が積もりました。 北日本や北陸の方から見たら「その程度で、何を大げさな」と言われそうですけど・・・ 積雪に慣れていない東京では少し積もっただけで大事になります。 日陰の路肩などの雪は固まってなかなか解けませんので、外出される方はくれぐれも足元にお気を付けてください。 今日は1月7日、2022年も一週間が経ち松の内が過ぎようとし