検索

徒然日記「薄暑の候」

 今日は雨が止んだ午後から湿度が高く蒸し暑かったのですが、夜になってウォーキングに出ましたら、風が湿度を掠ってくれたようで気持ちの良いウォーキングになりました。夜空は八割方雲に覆われていましたけど、流れる雲の合間から時折覗くレモンのようなお月様がとても綺麗でした。


 最近、いろいろと心を痛めるニュースが多いと思うのですが、僕はダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが亡くなった件には大きなショックを受けました。


 私、もう昔の事でもあり、すれ違いに袖が触れ合ったぐらいの縁ですけど、少しだけ上島さんと接点がありました。僕がビートたけしさんのバンドに在籍していた頃、当時、たけしさんと同じ事務所だったダチョウ倶楽部とは、たけしさんのイベントライブやTV出演などで何度かお会いする機会がありまして、挨拶する程度でしたけど顔見知りでした。


 僕がたけしさんのバンドを離れて数年後、某アーティストのドラムをレギュラーのドラマーが出来ない時にピンチヒッターをやっていた流れで、そのアーティストの東京公演に招待いただいた時、偶然、会場の一般受付の列に並ぶ上島さんを見かけしました。僕の方から声をかけまして「あ、どうも、久しぶりですね」「好きなんですか?」「好きなのよ~」「いいですよね」「じゃあ、楽しんでください」というぐらいの短い会話だったと思います。

 

 お互いに20代の頃で今では誰もが知るあのギャグもまだ世に出る前だったと思いますけど、愛嬌のある笑顔に可愛い八重歯が印象的で、休みの日に一人でチケットを買ってライブに行く音楽好きな上島さんの一面に親近感を感じて、それ以来、大好きな芸人の一人として陰ながら応援していました。近年の大活躍をとても嬉しく思っていましたので本当に残念です。ご冥福を祈ります。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

私事ですが、今年2022年、僕の年齢は本厄ということで(前厄という説もあるようですが)前々から行かなくてはと思っていた神奈川県寒川町の寒川神社へ厄払いに行って参りました。 寒川神社様のホームページに『厄年とは、私たち日本人が長い間かけて経験的に学んだ生活の知恵です。厄年と呼ばれる時期には、精神的にも肉体的にも大きな転換期、人生の区切りがあり、この人生の節目を、健康に過ごすための転ばぬ先の杖として、

このところの東京は日中こそ30℃を少し越えて、まだ蒸し暑さを感じますけど、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。 先日の素晴らしい中秋の名月は、皆様も愛でられましたでしょうか。明るい満月に照らされアスファルトに落ちる自分の影と、頭上の名月を交互に見ながら、秋虫達の声をBGMにした夜のウォーキングは、なかなか乙なものでした。 月を見ながら、ふと(あいつ、どうしてるかな?)と思い出した古い友人に電話