検索

徒然日記「10月の晦日」

早いもので10月もあっという間に晦日、明日からは11月に入り今年もあと2ヶ月となりました。

東京も朝夕はだいぶ冷えるようになってきましたけど、夜のウォーキング中にあれほど賑やかだった秋の虫たちが今ではすっかり声を潜めまして、耳からも季節が進んだことを実感します。


前回のブログに二回目の新型コロナワクチン接種の事を書きました。

その日の夜から発熱しましてピークで38.8度、発熱と頭痛以外はめまいも吐き気も無くて

一回目に比べればとても軽くて済んでほっとしました。

ちなみに僕が接種したワクチンはモデルナ製ですが、三回目をするとしたらやっぱり純日本国産が良いと切に願っています。



さて、本日は選挙ですね。

こう見えても僕はちゃんとしたミュージシャン(笑)、自分に投票権がある選挙には毎回欠かさず参加しています(今日は所用のため既に期日前投票を済ませております)

僕がいま政治に託したい事は先ず新型コロナで受けた経済の大きなダメージを回復することですが、その次には外交・防衛をしっかりお願いしたいと一票を投じました。


たかが一票ですけど、僕は日本の伝統ある歴史や文化が大好きで、忘れ物や落とし物が高い確率で戻ってくるこんな国は他に無く、日本に生まれただけで本当にラッキーだったと思うぐらいなので、この素晴らしい国をいつまでも子々孫々に至るまで守ってほしいと思います。



余談ですけど、ハロウィンという西洋の祭りが全く僕の頭にも身体に染み入ってこないのは年齢のせいでしょうかね。

それともバレンタインデーやクリスマスのように時が経つと馴染んでくるのでしょうか。

しかし、この歳で仮装などはちょっと・・・

現時点、僕個人の考えでは西洋の祭りは年に2つで十分なんですが・・・まあ、楽しんでいる人達やそれで商いをする方々もいるのだから、それはそれで良い事だと思うようにします。


今日は雨の地域もあるようですが、皆様も良い日曜日をお過ごし下さい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

私事ですが、今年2022年、僕の年齢は本厄ということで(前厄という説もあるようですが)前々から行かなくてはと思っていた神奈川県寒川町の寒川神社へ厄払いに行って参りました。 寒川神社様のホームページに『厄年とは、私たち日本人が長い間かけて経験的に学んだ生活の知恵です。厄年と呼ばれる時期には、精神的にも肉体的にも大きな転換期、人生の区切りがあり、この人生の節目を、健康に過ごすための転ばぬ先の杖として、

このところの東京は日中こそ30℃を少し越えて、まだ蒸し暑さを感じますけど、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。 先日の素晴らしい中秋の名月は、皆様も愛でられましたでしょうか。明るい満月に照らされアスファルトに落ちる自分の影と、頭上の名月を交互に見ながら、秋虫達の声をBGMにした夜のウォーキングは、なかなか乙なものでした。 月を見ながら、ふと(あいつ、どうしてるかな?)と思い出した古い友人に電話