検索

徒然日記(墓参り)

先日、お墓参りに行ってきました。

師匠の故青山純氏ともう御一方、松山千春さんをサポートしてた時にお世話になった方の墓所が偶然にも近くで、墓参りはいつもこの御二方のコースが定番になっています。


もう僕は師匠が生きた年齢を越えましたので、享年56歳というのはあまりにも早すぎるなとつくづく思いますけど・・・昨年に師匠の三男でドラマーだった友樹君が29歳という若さで亡くなったのにはほんと絶句しました。

花を供え線香をあげ近況なども報告して、あの世では親子でドラム叩いたりして楽しくやってる師匠の姿を想像しつつ「また来ます」と墓所を後にしました。


今、僕がサポートしてる甲斐バンドにも師匠が叩いた曲があって、それを今僕が叩いているのも何か縁を感じますけど、

奇遇にも今まさに45周年ツアー中の甲斐バンドの松藤さんが叩いているドラムセットが

僕が弟子時代に師匠が使っていたドラムセットそのもので、僕としては師匠の形見とのツインドラム、師匠の前で恥ずかしプレイは出来ないと気を引き締めつつ、このツアーの励みにさせてもらっています。

2件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「寒中お見舞い申し上げます」

11都府県に緊急事態宣が出されている状況下ですが皆様はどの様に過ごされていますでしょうか・・・ それぞれの立場や環境によって度合いは違えども少なからず不自由で息苦しい生活をなされている事だと思います。 僕はと言えば、飲みに行けないとか友達にも会いにくいとか小さな欲求不満はありますが お陰様で体調もすこぶる好調でとても元気に毎日を過ごせています。 何はともあれ健康が一番大事ですから皆様もお身体だけに

小正月(こしょうがつ)

今日、1月15日は小正月と言うらしいです。 7日までの松の内を「大正月」と呼ぶのに対し15日を「小正月」と言い、松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、「女正月」という地方があるそうです。 緊急事態宣を受けまして2/6、2/7の『Yuki Kajiura LIVE vol.#16 ~Soundtrack Special~』公演の再販売は一旦見送りとなりまして、致し方ないことだとは重々分かっていて

正月

東京の正月は朝晩は超がつくような寒さですけど日中は割と穏やかな晴天続きです。 日本海側では山陰や九州までも含む大雪の地域もあるようで、雪が絡む事故もニュースで聞きますのでその地域にお住まいの方は十分にお気を付け下さい。 正月の松の内というのは地域によって違うらしいですが、だいたい関東では7日まで、関西では15日までという感じだそうです。 僕は元旦と2日は昼からお酒をいただき、溜まった録画を見たりし

©SATO KYOICHI.ALL RIGHTS RESERVED.