検索

徒然日記(師走)

2019年も最後の月になりました。

一年間が年々、益々早く感じるのは歳のせいでしょうか・・・。


17年ぶりとなるSee-Sawライブのリハーサルは順調でございます。

See-Sawについて少し説明しますと、僕が今現在もライブやレコーディングをサポートしている梶浦由記とソロで活躍しているVocalの石川智晶のユニットで、僕は93年のデビューから02年の最後のライブまでサポートドラムとして携わっていました。

(アマチュア時代は6人編成の女子バンドで、デビュー時は3人、後に一人脱退)

92年に僕が当時の所属事務所から音資料をもらった時、その楽曲と歌声の素晴らしさに即決で「やりたい!」とマネージャーに言ったのを記憶しています。

02年の最後の原宿のライブハウスから17年も経ってからの国際フォーラムのホールA、

しかも僕を含めGuitarの西川進、Bassの高橋Jr.知治、violinの今野均という当時のサポートメンバー4人がそのままいる・・・なかなか感慨深いものがありますが、

15日はしっかり準備諸々整え、いつも通り落ち着いて良い演奏を心がけます。



そうそう、Kalafina の一人、Hikaruがソロデビューでいきなり神奈川県民会館を埋めました。

お誘いを受けながらも僕は会場に行けませんでしたが、梶浦ファミリーとしてとても喜ばしく思います。

僕がいつもHikaruへのメールの最後に添えるのは「地道にこつこつが大事」、彼女はしっかりと自分を持っているので今後もきっと大丈夫でしょう。

来年の梶浦ファンクラブのトーク&ライブにもGuestVocalとして参加してくれますし、また一人家族が戻ってきたようで嬉しいです。


さて、KAI BAND 45th Anniversary Tour は明日から静岡、伊勢です。

こちらも準備怠りなく臨みます。

静岡~伊勢は楽しみな移動日が一日ありますので、またTwitterにてくだらない呟きをするかもですので、興味のある方はお付き合いください。

最新記事

すべて表示

徒然日記「秋冷」

10月も半ばを過ぎまして朝晩はだいぶ冷える様になってきました。 昨日の東京は冷たい雨でとても寒かったのですが、今朝は今のところお日様が出て気持ちの良い天気です。 劇場版「 鬼滅の刃」無限列車編は絶好調の上を行く凄いことになっている様で・・・これはもう社会現象ですね。 主題歌の「炎」のドラムを演奏させていただいておりますが、テレビアニメの方のエンディングテーマ「from the edge」に続き、梶

徒然日記「それぞれのカタチ」

台風14号は思ってたよりだいぶ東寄りを旋回するようなコースを辿り、東京は先ほど一瞬ですが陽射しも覗かせましたけど・・・伊豆諸島方面の被害が最小限になるよう願っています。 週間予報ではこの台風が去っても台風一過でスカッと晴天とはならず、暫くははっきりしない天気のようで、秋の良い季節をちょっと損するような気分です。 さて、東野純直のLIVE TOUR 2020「明日のカタチ」の初日が終わりました。 T

徒然日記「10月」

もう10月ですね、東京は朝から心地よい秋の空気でしたけど・・・これから天気は下り坂になる予報です。 良い季節になったと言え、よくよく考えると本当にスカッとした秋晴れは意外と少ない気もします。 台風14号が近づいております、皆様もお気を付け下さい。 さて、このところ東野純直のリハーサルや梶ちゃんのレコーディング、それにFBM大阪公演の残務整理でちょっと立て込んでいましたが、東野の最終リハが終わりちょ

©SATO KYOICHI.ALL RIGHTS RESERVED.