top of page
検索

徒然日記(年の瀬)

早いもので2019年も残すところ8日となりました。

クリスマスが過ぎればあっという間に大晦日ですね、皆さんはこの年の瀬をどう過ごされるのでしょうか。

僕は、「メリークリスマス!きよしこの夜」などと言い、ケーキやチキンを食べ、高級ホテルでしっぽりするカップル達がいたり、その数日後には除夜の鐘を聞き、明けて初詣という、何だか煩悩も消えきれない節操のなさに、逆にこの国の大らかさを感じる大人の年の瀬でございます。



梶ちゃんがTwitterで来年からKalafina曲を解禁と発表しました。

本人もkalafina曲には結構魂削ったと言ってたけど・・・、

僕らは、寝ずにさっきまで新曲と格闘してたであろう疲労感を漂わせながらレコーディングスタジオに入ってきて、録り終われば「元気をもらった」とまた曲作りに向かうハードな日々の姿を幾度となく見ています。また僕達ミュージシャンもその時の心血を注ぎ込んだ曲たちでもあります。


そうやって出来たWakana、Keiko、Hikaruの3人のKalafinaはもちろん唯一無二のものですが、僕には誰よりも曲の根本を知る梶ちゃんがその編曲力をもって、今のYuki Kajiura LiveのスタイルでやるKalafina曲が素晴らしいものにならない訳がないという確信があります。

kalafina曲令和バージョンとでも言いましょうか、今からとても楽しみにしています。

(個人的に、先日の17年ぶりのSee-Sawを考えると、いつかまた平成バージョンをやれる日が来ると信じて、ファンの皆様も健康でいてください)



さて、僕の仕事納めは28日の甲斐バンド45周年Tourの福岡市民会館になります。

しっかり準備を整え、ロックの魂を燃やしながら立派に納めようと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「梅花の候 2024」

今日の東京は朝からしとしとと冷たい雨が降っています。このところ暖かい日が続いて、特に昨日の日中はほとんど半袖で過ごせるほどの陽気でしたけど、予報ではこれから寒さがぶり返すとのこと、皆様も急激な寒暖差にお気を付け下さい。 こつこつと続けてきた楽器のメンテナンスが漸く終わりました。金属パーツを外し綺麗に磨きつつ経年劣化したパーツを取り寄せては、新しいヘッドとともに組み上げてチューニング。スネアドラムだ

FBMの気持ち、送りました(2024)

先週、FBMの気持ちとして些少ではありますが、お約束通り能登半島地震災害への義援金を石川県へ託させていただきました。(近県でも被害があったことを承知しておりますが、被害の大きさを鑑みて石川県へとさせていただきました) このお金はFBMの活動資金としてプールしてあった中の一部で、僕個人のものではありませんし、元々はFBMのライブに足を運んで下さった皆様、FBMグッズを購入して下さった皆様あっての原資

徒然日記「向春の候 2024」

やはり暖冬ということでしょうかね、このところの東京は例年に比べてもだいぶ暖かい気がします。段々と日の長さも伸びてきたと実感できるこの頃ですが、予報では明日と明後日の東京は最高気温19℃まで上がるらしいです。確か去年の桜の開花は早かったように思いますけど、この分だと今年の桜も早く咲きそうな気配ですね。 先日のブログにドラムのメンテナンスのことを書きましたけど、主力の2セットを仕上げた後も練習に使って

bottom of page