top of page
検索

徒然日記(梶浦一座、ツアーの始まり)

昨日は予報を聞いてけっこう荒れる天気になると覚悟していましたけど・・・ちょっと肩すかしでしたけど、

なにはともあれ、Yuki Kajiura LIVE TOUR Vol.#15 ~The Junctions of Fiction 2019~がスタートしました。

歌ものシリーズの初日が無事に終わってほっとしています。


一昨日、自分的にはこそっとKalafinaのKEIKOの復帰の件をツイートしたつもりが、どどっと反応があってびっくりしました。

なのでこのブログでこそっと。


そりゃ、とても嬉しいですよ、FJとKalafinaのレコーディングから国内外のライブまで、約10年の間、一緒に過ごした時間は長いですから。

それに元々、梶ちゃんが彼女がいることを前提にして編曲した楽曲がいっぱいあるのですから、梶浦一座の一員としても純粋に演奏者の一人としても嬉しいです。


昨日の市川市文化会館の楽屋裏の廊下をペタペタと楽屋履きで歩くKEIKOを見て、何だか懐かしいような新鮮なような・・・「気持ちの整理に15分かかるな」と本人に言ったら、本人は「なんで?」といたって普通。

この際ですからファンの想いも背負って言ってやりましたよ、「あなたが思ってる以上に僕たちはあなたのことを心配してたんだから!」


まあ、いろいろあっても家族みたいなもんですから、すぐに慣れてこれが当たり前、いつも通りの空気になってゆくのだと思いますけど、当たり前という事はとても有り難いのだと改めて胸に刻み直し、最後まで気を引き締めて参ります。

2件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「梅花の候 2024」

今日の東京は朝からしとしとと冷たい雨が降っています。このところ暖かい日が続いて、特に昨日の日中はほとんど半袖で過ごせるほどの陽気でしたけど、予報ではこれから寒さがぶり返すとのこと、皆様も急激な寒暖差にお気を付け下さい。 こつこつと続けてきた楽器のメンテナンスが漸く終わりました。金属パーツを外し綺麗に磨きつつ経年劣化したパーツを取り寄せては、新しいヘッドとともに組み上げてチューニング。スネアドラムだ

FBMの気持ち、送りました(2024)

先週、FBMの気持ちとして些少ではありますが、お約束通り能登半島地震災害への義援金を石川県へ託させていただきました。(近県でも被害があったことを承知しておりますが、被害の大きさを鑑みて石川県へとさせていただきました) このお金はFBMの活動資金としてプールしてあった中の一部で、僕個人のものではありませんし、元々はFBMのライブに足を運んで下さった皆様、FBMグッズを購入して下さった皆様あっての原資

徒然日記「向春の候 2024」

やはり暖冬ということでしょうかね、このところの東京は例年に比べてもだいぶ暖かい気がします。段々と日の長さも伸びてきたと実感できるこの頃ですが、予報では明日と明後日の東京は最高気温19℃まで上がるらしいです。確か去年の桜の開花は早かったように思いますけど、この分だと今年の桜も早く咲きそうな気配ですね。 先日のブログにドラムのメンテナンスのことを書きましたけど、主力の2セットを仕上げた後も練習に使って

bottom of page