top of page
検索

徒然日記(梶浦一座、ツアーの始まり)

昨日は予報を聞いてけっこう荒れる天気になると覚悟していましたけど・・・ちょっと肩すかしでしたけど、

なにはともあれ、Yuki Kajiura LIVE TOUR Vol.#15 ~The Junctions of Fiction 2019~がスタートしました。

歌ものシリーズの初日が無事に終わってほっとしています。


一昨日、自分的にはこそっとKalafinaのKEIKOの復帰の件をツイートしたつもりが、どどっと反応があってびっくりしました。

なのでこのブログでこそっと。


そりゃ、とても嬉しいですよ、FJとKalafinaのレコーディングから国内外のライブまで、約10年の間、一緒に過ごした時間は長いですから。

それに元々、梶ちゃんが彼女がいることを前提にして編曲した楽曲がいっぱいあるのですから、梶浦一座の一員としても純粋に演奏者の一人としても嬉しいです。


昨日の市川市文化会館の楽屋裏の廊下をペタペタと楽屋履きで歩くKEIKOを見て、何だか懐かしいような新鮮なような・・・「気持ちの整理に15分かかるな」と本人に言ったら、本人は「なんで?」といたって普通。

この際ですからファンの想いも背負って言ってやりましたよ、「あなたが思ってる以上に僕たちはあなたのことを心配してたんだから!」


まあ、いろいろあっても家族みたいなもんですから、すぐに慣れてこれが当たり前、いつも通りの空気になってゆくのだと思いますけど、当たり前という事はとても有り難いのだと改めて胸に刻み直し、最後まで気を引き締めて参ります。

2件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「入梅の候 2024」

昨日までの数日間、東京は30℃を超える真夏日が続き梅雨を飛び越したような暑さでしたけど、今日は朝からずっと本格的な雨が降っています。暑さで干からびはしないかと心配していた道端の紫陽花群には息を吹き返す喜びの雨になったのではないでしょうか。九州や四国ではもう梅雨入りが発表されていますので、関東もそろそろ梅雨入りですね。これからは皆様も大雨にご注意ください。 『Yuki Kajiura LIVE vo

2024『Yuki Kajiura LIVE vol.#20~日本語封印20th Special~』スタート!

2024年の『Yuki Kajiura LIVE vol.#20~日本語封印20th Special~』が昨日、昭和女子大学 人見記念講堂より開幕となりました。御来場下さったお客様に梶浦楽団の一員として心より感謝を申し上げます。生憎の天気で足元が悪い上に交通機関にも乱れがあった中、本当にありがとうございました。 ツアー初日ということで、スタッフを含めて多少の緊張感もあったように感じましたけど、特に

蛍の季節 (2024)

数日前の夜ウォーキング中にて今年初の蛍との遭遇がありました。散歩道に沿って流れる小川にかかる橋の上で二組の家族とおぼしき人影が・・・・・・もしやと思い近づいて後方から覗いてみると案の定、川面に覆い被さる草の合間からふわっと優しく点滅する蛍光を確認しました。 早いもので今年ももう蛍の季節なんですね。まあ、今の街に住むようになってから大体この時期には毎年のことではあるのですが、この地の蛍たちがちゃんと

2件のコメント


a-kwemi.k
2019年7月01日

こちらブログにこそっと…❤️いっぱいついてます❗

強一さんのKEIKOさんへの言葉…何だか…ウルルンきちゃいます💧

優しい素敵な強一お兄様❗❓的な❓

ライブ益々楽しみ❗


まろん

いいね!

沖田駿介
沖田駿介
2019年6月29日

あともう一人の家族の帰りを心待ちにしています

いいね!
bottom of page