検索

徒然日記(粛々と)



東京の桜は見頃の季節を迎えました。

桜は間違い無く例年と何も変わらず咲いているはずですが、今年はいつもより憂いを帯びた様に感じるのは明らかにこちら側の問題でしょう。

残念ながら梶浦由記『FictionJunction Station Fan Club Talk&Live vol.#1』は唯一開催の可能性が残っていた4/4も延期となりました。

http://fictionjunction.com/information/5637/

このところの東京で感染者が増えていることなどを見ればやむを得ませんし、信頼する座長を始め運営の首脳陣が決めた事ですから、僕らは粛々として従うのみです。

それに公演は中止ではなく、全てが既に振り替え公演も決まっていますので、演奏者として有り難い限りでございます。

私事で恥ずかしながら、梶浦ボーカル陣のY姉さんからスリスリされてもいいように髭をグルーミングし、Ke嬢を恐がらせないように鏡を見る度に口角を上げる練習もしていましたが・・・一旦、髭は剃り落として、また来年でもチャレンジしようと思います。

オリンピック、パラリンピックも延期となり、予期せぬ前代未聞の受難となりましたけど、

ここは皆一致団結して感染予防に取り組むしかありませんね。

東京都からも週末の不要不急の外出は控えるよう要請がありましたので、僕も夜のジョギングやウォーキング以外は家でやれる事をしようと思います。


なかなか先行きがスッキリしない難儀な時が続きますけど、皆様も先ずは自分の身を守りつつ、楽しく過ごせる工夫などもしながら、この受難の時を今暫くは粛々と耐えて行きましょう。

©SATO KYOICHI.ALL RIGHTS RESERVED.