検索

徒然日記(車窓鉄?)

今月は頭からSee-Sawのリハーサルと甲斐バンド45周年Tourで少し立て込んでおりましたが今日はちょっと一息、僕は風邪もひかず体調も好調をキープしております。

(ちなみにインフルエンザの予防接種も受け済みです)



先日の甲斐バンドツアーで静岡公演から伊勢公演で1日の移動日があったので、自称乗り鉄の僕はチャンスとばかり、あえての在来線移動です。


鉄道好きにも撮り鉄や車両鉄に音鉄から呑み鉄まで様々なジャンルがありますけど、

僕は乗り鉄の枠でもひたすら車窓からの景色を眺めるのが好きな言ってみれば車窓鉄です。

(そんな分類があるか知りませんけど)

なので出来る限り左右と前方も見える先頭車両の前方へばりつきで、ずっと立っていても苦にしません。

だいたいライバルになるのは子どもです。(もちろん子どもがいれば特等席を譲りますよ、笑)

車窓から流れゆく山や河、田園の風景を愛で、工場や民家にもそこに暮らす人達の暮らしぶりを想像したりしてノスタルジーに浸るのが何とも好きなのでございます。

時間はかかりますけどスピードが速く遮音壁も多い新幹線では味わえない趣味の時間なのでございます。


さて、17年ぶりとなるSee-Sawのリハーサルは順調に仕上がってきました。

前のブログに書きましたが、思い入れも深いSee-Sawですけど、いつも通り出来る準備をしていつも通り落ち着いて良い演奏を心がけます。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

『FictionJunction Station Fan Club Talk & Live vol.#1』大阪公演

早いもので2021年の四分の一が終わり四月に突入しました。 東京の桜も早々に散り始め、このコロナ禍で昨年に続き桜をゆっくり愛でることができなかったのは悲しいですけど、来年こそは何の憂いもなく純粋に桜の季節を楽しめると願っています。 本日は早朝から大阪のホテルの一室にてこのブログをしたためておりますが、 今日3日、明日4日と梶浦由記ファンクラブ限定ライブ『FictionJunction Statio

ありがとう、NHK歴史秘話ヒストリア

NHKの歴史番組、歴史秘話ヒストリアが昨日で最終回でした。 このHPを見てくれている方はご存じの方も多いと思いますが、僕は元々歴史がとても好きですので番組の放送開始から12年の間、ほぼ欠かさず楽しませて頂きました。 毎回どの放送も趣のある興味深い内容でしたけど、一番印象に残っているのは2013年に放送された「発掘!真田幸村の激闘〜最新研究から探る大坂の陣〜」です。 それまで僕は大阪で時間が有る度に

©SATO KYOICHI.ALL RIGHTS RESERVED.