top of page
検索

徒然日記(車窓鉄?)

今月は頭からSee-Sawのリハーサルと甲斐バンド45周年Tourで少し立て込んでおりましたが今日はちょっと一息、僕は風邪もひかず体調も好調をキープしております。

(ちなみにインフルエンザの予防接種も受け済みです)



先日の甲斐バンドツアーで静岡公演から伊勢公演で1日の移動日があったので、自称乗り鉄の僕はチャンスとばかり、あえての在来線移動です。


鉄道好きにも撮り鉄や車両鉄に音鉄から呑み鉄まで様々なジャンルがありますけど、

僕は乗り鉄の枠でもひたすら車窓からの景色を眺めるのが好きな言ってみれば車窓鉄です。

(そんな分類があるか知りませんけど)

なので出来る限り左右と前方も見える先頭車両の前方へばりつきで、ずっと立っていても苦にしません。

だいたいライバルになるのは子どもです。(もちろん子どもがいれば特等席を譲りますよ、笑)

車窓から流れゆく山や河、田園の風景を愛で、工場や民家にもそこに暮らす人達の暮らしぶりを想像したりしてノスタルジーに浸るのが何とも好きなのでございます。

時間はかかりますけどスピードが速く遮音壁も多い新幹線では味わえない趣味の時間なのでございます。


さて、17年ぶりとなるSee-Sawのリハーサルは順調に仕上がってきました。

前のブログに書きましたが、思い入れも深いSee-Sawですけど、いつも通り出来る準備をしていつも通り落ち着いて良い演奏を心がけます。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「入梅の候 2024」

昨日までの数日間、東京は30℃を超える真夏日が続き梅雨を飛び越したような暑さでしたけど、今日は朝からずっと本格的な雨が降っています。暑さで干からびはしないかと心配していた道端の紫陽花群には息を吹き返す喜びの雨になったのではないでしょうか。九州や四国ではもう梅雨入りが発表されていますので、関東もそろそろ梅雨入りですね。これからは皆様も大雨にご注意ください。 『Yuki Kajiura LIVE vo

2024『Yuki Kajiura LIVE vol.#20~日本語封印20th Special~』スタート!

2024年の『Yuki Kajiura LIVE vol.#20~日本語封印20th Special~』が昨日、昭和女子大学 人見記念講堂より開幕となりました。御来場下さったお客様に梶浦楽団の一員として心より感謝を申し上げます。生憎の天気で足元が悪い上に交通機関にも乱れがあった中、本当にありがとうございました。 ツアー初日ということで、スタッフを含めて多少の緊張感もあったように感じましたけど、特に

蛍の季節 (2024)

数日前の夜ウォーキング中にて今年初の蛍との遭遇がありました。散歩道に沿って流れる小川にかかる橋の上で二組の家族とおぼしき人影が・・・・・・もしやと思い近づいて後方から覗いてみると案の定、川面に覆い被さる草の合間からふわっと優しく点滅する蛍光を確認しました。 早いもので今年ももう蛍の季節なんですね。まあ、今の街に住むようになってから大体この時期には毎年のことではあるのですが、この地の蛍たちがちゃんと

Comments


bottom of page