検索

徒然日記(ツアー回想)

「甲斐よしひろ 愛のろくでなしツアー4 RockN' Roll Tonight 2018」が終了しました。

本数こそ少なめでしたけど、期間中は適度な緊張感を保ちながらとても充実した時間を過ごせました。

僕なりに素晴らしいメンバーを紹介してみます。

Guitarの土屋公平さん、この人のギターほどピュアにRockN' Rollする方を知りません。

兄貴、超イカすグルーブをありがとうございました。


BassのTOKIEちゃん、容姿端麗にて容顔美麗、しかしプレイは超男前。

甲斐バンドも含め、僕がやった甲斐さんのライブで初の僕より年下、ちゃん付けで呼べる初めての人、笑。


Keyboardの上綱克彦さん、ちょっと長くなりますが・・・言わずと知れた「柳ジョージとレイニーウッド」のリーダー、上綱さんには僕が26歳の時から参加した田中一郎さんのソロツアーで大変お世話になりました。

実は、この時に上綱さんから教えてもらった事の一つ、「僕らはお客さんに非日常を楽しんでもらうことを生業としている、夢を売る商売なら容姿も所作にも気をつかうべきだろう」この言葉がその後の僕のミュージシャンとしての生き方に大きく影響しているのは間違いありません。

還暦を過ぎられていますが、相変わらず上綱さんには自然に醸し出す品がある。

今後も見習っていきたいと思います。



昨今の流れとしては開演の早い土日公演は名古屋、大阪辺りは日帰りが多くなってきましたけど、有り難いことにこのツアー、甲斐さんには終演後に大抵は食事会を用意していただいていまして、時に酒のつまみにいじられもしますけど、皆でわいわいと同じ釜の飯を食う、終演後も楽しく貴重な時間を過させていただきました。


次回の「愛ろく5ツアー」があれば是非ともまた参加できたら嬉しいですが、

その前に甲斐バンドは来年で45周年ですね、45年!超凄い。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

『FictionJunction Station Fan Club Talk & Live vol.#1』大阪公演

早いもので2021年の四分の一が終わり四月に突入しました。 東京の桜も早々に散り始め、このコロナ禍で昨年に続き桜をゆっくり愛でることができなかったのは悲しいですけど、来年こそは何の憂いもなく純粋に桜の季節を楽しめると願っています。 本日は早朝から大阪のホテルの一室にてこのブログをしたためておりますが、 今日3日、明日4日と梶浦由記ファンクラブ限定ライブ『FictionJunction Statio

ありがとう、NHK歴史秘話ヒストリア

NHKの歴史番組、歴史秘話ヒストリアが昨日で最終回でした。 このHPを見てくれている方はご存じの方も多いと思いますが、僕は元々歴史がとても好きですので番組の放送開始から12年の間、ほぼ欠かさず楽しませて頂きました。 毎回どの放送も趣のある興味深い内容でしたけど、一番印象に残っているのは2013年に放送された「発掘!真田幸村の激闘〜最新研究から探る大坂の陣〜」です。 それまで僕は大阪で時間が有る度に

©SATO KYOICHI.ALL RIGHTS RESERVED.