検索

映画『ボヘミアン・ラプソディ 』

最終更新: 2018年11月10日

映画を観てきました。

『ボヘミアン・ラプソディ』、とても良かった。

スケールが天と地ほど全く違いますけど、僕が20年やったバンドSuzyCreamCheeseとシンクロする部分もありまして、僕にとってはガッツリ入り込める素晴らしい映画でした。

お客さんの年齢層も比較的、僕と同年代の方が多かった気がしますが、

エンドロールとともに音楽が終わり客出しの場内アナウンスが始まるまで、どなたも席を立たなかったことに、密かに満足度が増した次第です。


話は少し変わりますが、

映画の反芻をつまみに軽く飲んで帰ろうかと、初めて入った居酒屋の話。

入り口に店の主らしきおっさんがおりまして、

僕が「一人ですけどいけますか?」と訊ねると、

おやじ:「見ればわかるだろ、カウンターが空いてるよ」

僕:少しムッとしながら「何時まで?」

おやじ:「まだやってるに決まってるだろ」

えっ、と僕も流石にいったんムムッとなりましたが・・・

これは!今時にとても珍しい店だと興味が湧いてきまして入りました。

終始不機嫌な主と、これまた愛想のないおかみに、厨房で黙って調理するたぶん息子、

先にいたグループの客からもぶつぶつ文句が聞こえていました、笑。

僕の想像ですけど・・・

きっと普段はそんなことなく、今日はたまたま激し目の夫婦喧嘩でもしたのでしょう。

まあ、肴も美味しかったし、僕としては面白く飲めて良かったです。


バンドも商売もいろいろありますけど、やっぱり各々の多様性を認める、許容することって大事ですね。

先日に他界された樹木希林さんがTVで「何でも面白がるのよ」とおっしゃってましたが、

少し分かってきた気がするのは僕も大人になった証しでしょうか。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

『FictionJunction Station Fan Club Talk & Live vol.#1』大阪公演

早いもので2021年の四分の一が終わり四月に突入しました。 東京の桜も早々に散り始め、このコロナ禍で昨年に続き桜をゆっくり愛でることができなかったのは悲しいですけど、来年こそは何の憂いもなく純粋に桜の季節を楽しめると願っています。 本日は早朝から大阪のホテルの一室にてこのブログをしたためておりますが、 今日3日、明日4日と梶浦由記ファンクラブ限定ライブ『FictionJunction Statio

ありがとう、NHK歴史秘話ヒストリア

NHKの歴史番組、歴史秘話ヒストリアが昨日で最終回でした。 このHPを見てくれている方はご存じの方も多いと思いますが、僕は元々歴史がとても好きですので番組の放送開始から12年の間、ほぼ欠かさず楽しませて頂きました。 毎回どの放送も趣のある興味深い内容でしたけど、一番印象に残っているのは2013年に放送された「発掘!真田幸村の激闘〜最新研究から探る大坂の陣〜」です。 それまで僕は大阪で時間が有る度に

©SATO KYOICHI.ALL RIGHTS RESERVED.