top of page
検索

耐える3月(2)

関東では花粉の飛散もマックスのようで、せっかくの晴天なのに花粉症には何とも鬱陶しい季節です。

さて、前回のブログの続きになりますが、

梶浦由記の『FictionJunction Station Fan Club Talk&Live vol.#1』は3月21日の東京公演に続き、3月28日・3月29日の大阪・松下IMPホールも延期となりました。

4月4日の東京メルパルクホールについては19日に改めてのお知らせとのことです。

現在、延期が決まった3公演は既に振替公演日が決まっておりますので、

詳細は下記URLよりご確認ください。

まあ、残念は残念ですけど中止ではなく、振り替え公演も決まっていますので気持ち的には救われています。

そうそう、僕が楽しみにしていた高校野球の春の選抜大会が中止となりました。

(今年は大分県から2校選抜されていまして期待度も高かったんですけどね)

おそらく野球の他にも中止となるスポーツはあると思いますが、どの競技も青春の全てをかけて血の滲むような練習を積み重ねてきた選手達を思うとやりきれません。

関係者の皆様には何とかその努力に報いるような方策に知恵を絞ってほしいと思います。

まだ収束の展望は見えてきませんが、日本に生きている以上、この国の力を信じて今暫く耐えるしかないと思うこの頃です。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「梅花の候 2024」

今日の東京は朝からしとしとと冷たい雨が降っています。このところ暖かい日が続いて、特に昨日の日中はほとんど半袖で過ごせるほどの陽気でしたけど、予報ではこれから寒さがぶり返すとのこと、皆様も急激な寒暖差にお気を付け下さい。 こつこつと続けてきた楽器のメンテナンスが漸く終わりました。金属パーツを外し綺麗に磨きつつ経年劣化したパーツを取り寄せては、新しいヘッドとともに組み上げてチューニング。スネアドラムだ

FBMの気持ち、送りました(2024)

先週、FBMの気持ちとして些少ではありますが、お約束通り能登半島地震災害への義援金を石川県へ託させていただきました。(近県でも被害があったことを承知しておりますが、被害の大きさを鑑みて石川県へとさせていただきました) このお金はFBMの活動資金としてプールしてあった中の一部で、僕個人のものではありませんし、元々はFBMのライブに足を運んで下さった皆様、FBMグッズを購入して下さった皆様あっての原資

徒然日記「向春の候 2024」

やはり暖冬ということでしょうかね、このところの東京は例年に比べてもだいぶ暖かい気がします。段々と日の長さも伸びてきたと実感できるこの頃ですが、予報では明日と明後日の東京は最高気温19℃まで上がるらしいです。確か去年の桜の開花は早かったように思いますけど、この分だと今年の桜も早く咲きそうな気配ですね。 先日のブログにドラムのメンテナンスのことを書きましたけど、主力の2セットを仕上げた後も練習に使って

bottom of page