検索

徒然日記

秋分の日も過ぎまして、この頃はだいぶ涼しく過ごしやすくなってきましたが、

先の台風災害ではまだ難儀なされてる方も多いと聞きます、少しでも早く日常が取り戻せますよう願っています。


さて、僕は来月のYuki KajiuraのイベントLiveや「KAI BAND 45th Anniversary Tour HEROES 2019」に向けてこつこつと準備や調整をやっております。

甲斐バンドの松藤さんとは二人でスタジオに入って、ツインドラムのパターンやフレーズを綿密に確認し、その後は居酒屋に移動してまた綿密な打ち合わせと称すただの飲み会(帰りの電車で降りる駅を乗り過ごすほど)など、楽しく過ごしています。


少し話しは逸れますが、ドラマーの友人からAimerの「花の唄」のドラムが素晴らしく最近も良く聴いているとメールが来ました。

「花の唄」はもちろん梶ちゃんの詞曲、Aimerさんの歌ありきの上ですが、僕にとっても会心のドラムです。ただ、それに大きく貢献しているのは梶浦チームのレコーディングエンジニアのお陰だと返信しました。

一昨日も梶ちゃんのレコーディングだったのですが、ほんとエンジニアの小岩君の録る音には感心します。

特殊なスティックを使った曲でも、すぐにその特質を理解して僕の意図する音を理想通りに録ってくれる、ほんと彼はこのチームには無くてはならない大きな財産だといつも思うのであります。

気仙沼出身で普段は大人しく多くを語らず、僕が信頼できる男の一人です。


朝晩はだいぶ冷え込んでくる季節かと思います。

皆様も健康第一でこの秋をお過ごしください。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「清秋の候」

10月も半ばとなりました。 まだ暑い日があったり肌寒い雨もあったりと、ころころと移り気な天気には正に「女心と秋の空」という言葉が合いそうですけど、晴れれば澄んだ空と清らかな空気がとても気持ち良いです。 先日、長年使っていたレコードプレーヤーがとうとうお釈迦になりました。 昔に比べれば使う頻度は少なくなったとは言え、40年近くも使っていたので立派に役割を果たし思い残すこと無く昇天してくれた思っていま

徒然日記「仲秋」

先週の東京は最高気温32度という日がありまして夏の暑さをまだ引きずっていましたけど、昨日からは気温が随分下がりまして朝方は肌寒いほどです。 皆様も中秋の名月を愛でられたでしょうか、東京は少し雲もありましたけどゆっくり流れる雲の隙間から見る月もなかなか趣があって良かったです。 私、昨日に新型コロナワクチンの一回目を接種いたしまして、そろそろ24時間が経ちます。 周りの友人知人からは熱が出るとか倦怠感