検索

徒然日記

秋分の日も過ぎまして、この頃はだいぶ涼しく過ごしやすくなってきましたが、

先の台風災害ではまだ難儀なされてる方も多いと聞きます、少しでも早く日常が取り戻せますよう願っています。


さて、僕は来月のYuki KajiuraのイベントLiveや「KAI BAND 45th Anniversary Tour HEROES 2019」に向けてこつこつと準備や調整をやっております。

甲斐バンドの松藤さんとは二人でスタジオに入って、ツインドラムのパターンやフレーズを綿密に確認し、その後は居酒屋に移動してまた綿密な打ち合わせと称すただの飲み会(帰りの電車で降りる駅を乗り過ごすほど)など、楽しく過ごしています。


少し話しは逸れますが、ドラマーの友人からAimerの「花の唄」のドラムが素晴らしく最近も良く聴いているとメールが来ました。

「花の唄」はもちろん梶ちゃんの詞曲、Aimerさんの歌ありきの上ですが、僕にとっても会心のドラムです。ただ、それに大きく貢献しているのは梶浦チームのレコーディングエンジニアのお陰だと返信しました。

一昨日も梶ちゃんのレコーディングだったのですが、ほんとエンジニアの小岩君の録る音には感心します。

特殊なスティックを使った曲でも、すぐにその特質を理解して僕の意図する音を理想通りに録ってくれる、ほんと彼はこのチームには無くてはならない大きな財産だといつも思うのであります。

気仙沼出身で普段は大人しく多くを語らず、僕が信頼できる男の一人です。


朝晩はだいぶ冷え込んでくる季節かと思います。

皆様も健康第一でこの秋をお過ごしください。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

『Yuki Kajiura LIVE vol.#16 ~Sing a Song Tour~』中野サンプラザ2daysを終えて

昨日は東京で局所的にいわゆるゲリラ豪雨が降りましたが、全国的にも不安定な天候の様です、皆様もお気をつけ下さい。 28日、29日と『Yuki Kajiura LIVE vol.#16 ~Sing a Song Tour~』東京中野サンプラザホール2days公演が無事に終了しました。 先ずはこのコロナ禍による幾つものハードルを乗り越えられ、制限制約のある中てライブに参加して下さったお客様に、梶浦由記を

『Yuki Kajiura LIVE vol.#16 ~Soundtrack Special~』終了のち梅雨明け

梅雨が明けたらいきなりの真夏、東京も連日じりじりと照りつける強い陽射しが続いております。 『Yuki Kajiura LIVE vol.#16 ~Soundtrack Special~』は無事に大阪公演を終了しまして、これで Soundtrack Special シリーズが終わりました。 (~Sing a Song Tour~は追加公演も含め東京中野サンプラザホール3公演が残っています) Soun

八神純子 LIVE 2021「No matter what , I SING 〜 Zepp round」大阪公演を終えて

昨日、八神純子さんの LIVE 2021「No matter what , I SING 〜 Zepp round2」大阪公演が無事に終了しました。 本来なら今年の4月17日の開催予定でしたが、新型コロナで延期のため振替公演です。 前回の札幌公演から2か月半も空きましたけど、八神さんもバンドメンバーも流石です。 少しもブランクも感じさせない、むしろより進化した歌と演奏を全力で楽しむことが出来まし