検索

Composers Summit Concert 2018

28日のComposers Summit Concert 2018まで1週間を切りましたけど

このイベントで個人的に楽しみにしていることがあります。


参加するドラマーに僕の他もう一人、阿部薫さんというドラマーがいらっしゃいます。

阿部さんは故青山純氏の初代の弟子、僕が二番弟子なので同門の兄弟子になります。

流石は一番弟子、ドラマーとしてのキャリアも凄いのですが、ご自身のソロアルバムも出されたり、カメラマンとしても活躍されており、同じ青山門下生としては鼻が高いです。


もう38年も前になりますが・・・僕が上京してすぐに友達が通う音楽学校の演奏会が有楽町の読売ホールでありました。

その時のゲストに師匠のバンドが出演されていまして、素晴らしい演奏を目の当たりにした僕は、いつの間にかステージ袖にて演奏を終え観客に手を振りながら戻る師匠を待ち構え、「青山さん、ボーヤにしてください!」と言ったのであります。

今考えるとステージ袖に行く(行ける)僕もおかしいけど、当時のセキュリティも超甘々、笑。

そりゃ師匠も目を丸くして驚いていましたけど、「まあ、とりあえず楽屋に来い」と言われて、そこで阿部さんとも初めてお会いしました。


当時、既に飛ぶ鳥を落とす勢いの売れっ子だった師匠なので、弟子希望者は僕の他に7人いたらしいのですが、直接言ってきたのは僕だけらしく、その心意気を買われて入門できた次第です。

ここが僕の人生にとって大きなターニングポイントになりましたけど、

僕を演奏会に誘った友達、僕をたぶん関係者だと間違ったアルバイトらしき警備の方、

阿部さんがちょうど弟子を卒業する時期、全てのタイミングが合ったからこその出来事なので、我ながら運が良かったなと思っています。


青山さんの歴代の弟子達は全部で16人だったらしいです。

おそらく全ての弟子達がプロドラマーとして生きられるほど甘くはない世界でしょうが、

その中で一番、二番の弟子が同じステージに立てることを嬉しく思います。

師匠も喜んでくれると思いますので、僕も今から楽しみです。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「清秋の候」

10月も半ばとなりました。 まだ暑い日があったり肌寒い雨もあったりと、ころころと移り気な天気には正に「女心と秋の空」という言葉が合いそうですけど、晴れれば澄んだ空と清らかな空気がとても気持ち良いです。 先日、長年使っていたレコードプレーヤーがとうとうお釈迦になりました。 昔に比べれば使う頻度は少なくなったとは言え、40年近くも使っていたので立派に役割を果たし思い残すこと無く昇天してくれた思っていま

徒然日記「仲秋」

先週の東京は最高気温32度という日がありまして夏の暑さをまだ引きずっていましたけど、昨日からは気温が随分下がりまして朝方は肌寒いほどです。 皆様も中秋の名月を愛でられたでしょうか、東京は少し雲もありましたけどゆっくり流れる雲の隙間から見る月もなかなか趣があって良かったです。 私、昨日に新型コロナワクチンの一回目を接種いたしまして、そろそろ24時間が経ちます。 周りの友人知人からは熱が出るとか倦怠感