Blog

検索

西の方から桜の開花の便りも聞こえるようになりました。

人間がコロナコロナと騒いでいる中でも季節は何も変わらず悠然と巡り流れて行く・・・

今年の春の到来にはいつもとは少し違う心強いような有り難さを感じます。



先のブログにも書きましたけど、一年越しにファンクラブ限定のライブ『FictionJunction Station Fan Club Talk & Live vol.#1』が明日からの土日で東京、来月の3日、4日で大阪と開催できることになりまして、心の中にも春が来たような感覚です。

いろいろと制約がある中とは言え、リハーサルで久しぶりに家族の様な仲間達と一緒に音を出せて本当に嬉しかったです。

何と言っても今回はKalafina曲カバーを解禁ということで、このメンバー編成であの曲達が最高のかたちに仕上がっておりまして、久しぶりの演奏に涙チョチョ切れ状態です。


そして今月後半には八神純子さんのツアー 「No matter what , I SING~ Zepp round 2」のリハーサルが始まります。

既にざっくりと楽曲の方向性を決めるミーティングを終えまして、リハーサルで音を出すのがとても楽しみです。


少しずつですけど、やっと音楽の現場が戻って来るようで少し安堵しています。

もちろん、先の事は誰も予測出来ないし不安を数えれば切りがありませんけど・・・

どなたが言ったか「心配事の九割は起こらない」、確かに起こるか起こらないか分からない恐怖に怯えながら暮らすのは人生にとってナンセンスだと思います。

今はしっかり自分のやるべき事をやれば過度にびびることなく、己の人生を楽しもうと春風の中を船出する様な心境です。


皆様もそれぞれの事情、環境の中で何かと難儀をされていると察しますが、心配事以上に楽しい事も考えて元気に過ごしていただきたいと願っています。

3月に入り、日課のウォーキングなどしておりますと、道端の草木から着々と春の息吹が感じられるようになりました。

東京はもう少しだけ息苦しい緊急事態宣言が続きそうですので、宣言が解除された後の本格的な春の訪れに期待値も高目になりますが・・・まあ、皆が穏やかで柔和な気持ちで過ごせる春の到来になってほしと思います。


一年越しになりました梶ちゃんの『FictionJunction Station Fan Club Talk & Live vol.#1』

いろんなハードルがあった分、家族の様な仲間達とまた一緒に音楽できる事の喜びは一入でございます。

私、一年前のリベンジの意味も込めましてまた髭をたくわえておりますが、濃厚接触になると困りますのでY姉さんのスリスリは遠慮させていただこうと思っています。

何はともあれ少しずつ音楽の現場も回復していってほしいと切に願っています。



そして清水佐紀さん(Berryz工房)がご結婚、11月で引退されるとのこと、この度は誠におめでとうございます。

縁あって何度かライブをサポートさせていただきましたが、彼女なら、また彼女が選んだ人なら間違い無く幸せな家庭を築いていくと確信しております。

末永くお幸せに。

最終更新: 5月2日

早いものでもう2月が終わろうとしています。

実際に日数も少ないのだけど、今年の2月は特にあっという間に過ぎ去る印象です。


後ほどLive Scheduleにもアップする予定ですが、4月からスタートする八神純子 Live 2021「No matter what , I SING~ Zepp round 2」へ参加させていただきます。

一昨年、Guitarの是永さんの編曲で1曲レコーディングをさせていただいた事をきっかけに今回のサポートとなりました。


中高生の頃からテレビやラジオでもあの圧倒的に伸びやかな歌声、曲のかっこよさに随分としびれていましたので、とても嬉しく光栄に思っております。

いつも通り自分の役割がきっちり果たせるように全力を尽くします。



空気が乾燥して山火事発生のニュースも聞きました、火の元にはくれぐれもご用心をなさってください。