top of page
検索

『30th Anniversary Yuki Kajiura LIVE vol.#19-Kaji Fes.2023』武道館2daysを終えて(2023)

 『30th Anniversary Yuki Kajiura LIVE vol.#19-Kaji Fes.2023』武道館2days が無事に終了いたしました。御来場いただきましたお客様(貴方)には梶浦ファミリーの一員として心より御礼申し上げます。ありがとうございました。


 ふぅ~、DAY1が24曲でDAY2が36曲、2日でかぶり無しの60曲という、尋常では無いプレイヤー泣かせのメニューでございました。私、本日は完全な廃人と化した身体に鞭を打ちながらブログを書いておりますが、まだ余熱も冷めきれない筋肉の奥の部分からも確かにやり切った達成感と安堵感が伝わってくる気がします。


 10年前の『Kaji Fes.2013』では激しく疲労困憊し、終演後の打ち上げに参加する余力が一滴も残っておらず、ただただ静かになりたいと重い足を引きずって早々に退散しました。

 おそらくその時は、もうこんなライブは出来ない、やりたくないと思っていたはずなのですが・・・忘れっぽいのでしょうか。あれから年月が経ち『Kaji Fes.2023』の計画を聞いた時には、なに~30周年じゃん、いや俺にとっても30年だし、俺がやらずに誰がやる、そこに俺以外考えられないでしょ、とやる気満々の僕がいたのでした。


 しかし、僕もただの忘れっぽい男とは違います。今回は前回から学んだ事を活かしながらいろいろと対策を講じて臨みました。いくつか紹介しますと、先ず激しい曲が続いて親指の爪が剥がれてくる現象を少しでも食い止めるため、アスリート用の爪補強剤でコーティング。夜は質の良い睡眠のためのリカバリーパジャマを着、楽屋履きにもリカバリーサンダル。そして今回とても良かったのはKEIKOが誕生日祝いにくれた酸素マッサージオイル、これのおかげでかなり助かったと思います。お陰様で今回は目出度く打ち上げにも参加させていただくことが出来ました。


 まあ、チームのどの演者もスタッフも『Kaji Fes.2023』で最高のパフォーマンスを見せられるように人知れない努力があったことでしょう。梶ちゃんはこんなに素晴らしく優秀な歌い手達、ミュージシャン達、スタッフ達の長に立ち、国内外の沢山のファンから支持され、30年前の渋谷のライブハウスegg-manでのSea-Sawライブにいた僕は、今の状況が何だか本当に夢物語のように感じられる時があります。


  既に来年のツアー『Yuki Kajiura LIVE vol.#20』も発表されました。また一つ一つのライブをチームで最高を目指しながら丁寧に積み上げていけば、きっと次のKaji Fesがあるのではないでしょうか。その時もやる気満々で臨めるように、先ずは健康を第一とし、今より少しでも進化した演奏を披露したいと思います。




0件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「梅花の候 2024」

今日の東京は朝からしとしとと冷たい雨が降っています。このところ暖かい日が続いて、特に昨日の日中はほとんど半袖で過ごせるほどの陽気でしたけど、予報ではこれから寒さがぶり返すとのこと、皆様も急激な寒暖差にお気を付け下さい。 こつこつと続けてきた楽器のメンテナンスが漸く終わりました。金属パーツを外し綺麗に磨きつつ経年劣化したパーツを取り寄せては、新しいヘッドとともに組み上げてチューニング。スネアドラムだ

FBMの気持ち、送りました(2024)

先週、FBMの気持ちとして些少ではありますが、お約束通り能登半島地震災害への義援金を石川県へ託させていただきました。(近県でも被害があったことを承知しておりますが、被害の大きさを鑑みて石川県へとさせていただきました) このお金はFBMの活動資金としてプールしてあった中の一部で、僕個人のものではありませんし、元々はFBMのライブに足を運んで下さった皆様、FBMグッズを購入して下さった皆様あっての原資

徒然日記「向春の候 2024」

やはり暖冬ということでしょうかね、このところの東京は例年に比べてもだいぶ暖かい気がします。段々と日の長さも伸びてきたと実感できるこの頃ですが、予報では明日と明後日の東京は最高気温19℃まで上がるらしいです。確か去年の桜の開花は早かったように思いますけど、この分だと今年の桜も早く咲きそうな気配ですね。 先日のブログにドラムのメンテナンスのことを書きましたけど、主力の2セットを仕上げた後も練習に使って

bottom of page