検索

徒然日記「初秋2022」

 このところの東京は日中こそ30℃を少し越えて、まだ蒸し暑さを感じますけど、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。


 先日の素晴らしい中秋の名月は、皆様も愛でられましたでしょうか。明るい満月に照らされアスファルトに落ちる自分の影と、頭上の名月を交互に見ながら、秋虫達の声をBGMにした夜のウォーキングは、なかなか乙なものでした。


 月を見ながら、ふと(あいつ、どうしてるかな?)と思い出した古い友人に電話してみたら、翌日が大阪での仕事らしく「今、奈良の橿原近くの公園にござ敷いて名月を見ている」とのこと。

 僕の好きな奈良で何とも風流な・・・・・・想像したらちょっと羨ましくも思えましたので、僕も負けじとベランダに椅子を持ち出しまして、ファンの方から誕生日に頂いていた取って置きのウイスキー『神路』を開け、『神路山 月さやかなる 誓ひありて天が下をば 照らすなりけり by 西行法師』などと、月を愛でつつ風流返し。

 伊勢のウイスキー『神路』は、開封するには絶好のシチュエーションと相まって、滑らかに奥深く、とっても甘露にございました。


 さて、やっと秋の気配が感じられるようになった矢先、先の台風をなぞる様なコースで12号が北上中で既に先島諸島は暴風圏に入ったとのこと。その後には14号も控えていそうですので、皆様も今後の天気予報に注意しながら、暴風や大雨に十分な用心をなさってください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

私事ですが、今年2022年、僕の年齢は本厄ということで(前厄という説もあるようですが)前々から行かなくてはと思っていた神奈川県寒川町の寒川神社へ厄払いに行って参りました。 寒川神社様のホームページに『厄年とは、私たち日本人が長い間かけて経験的に学んだ生活の知恵です。厄年と呼ばれる時期には、精神的にも肉体的にも大きな転換期、人生の区切りがあり、この人生の節目を、健康に過ごすための転ばぬ先の杖として、

やっと台風11号が温帯低気圧に変わって過ぎ去りそうですけど、皆様はご無事だったでしょうか。現在の東京はどんよりと曇っていて今にも雨が降りそうです。予報によれば関東や東海ではこれから大雨になる地域もあるとのこと、皆様もお気を付けてください。 毎年この時期の台風の発生は、とても鬱陶しく感じて嫌なものですけど、台風は水不足を解消する他に海水をかき混ぜ、海水温度を調節して珊瑚の生息には必要だとか。 珊瑚が