top of page
検索

『30th Anniversary Yuki Kajiura LIVE vol.#18 ~The PARADE goes on~』を終えて(国内)

 『30th Anniversary Yuki Kajiura LIVE vol.#18 ~The PARADE goes on~』は国内公演が無事に終了しました。台風などによる天候不順もあった中で、ご来場いただきましたお客様には梶浦ファミリーの一員として心より感謝いたします。本数こそ少ない国内ツアーでしたけど、お陰様でとても楽しく充実した時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。


 身内を褒めるようでもあり、それぞれ元から当たり前に素晴らしいので、何か面映ゆくて最後まで直接には言えなかったけど・・・Vocal陣の進化が本当に素晴らしかった。勝手に想像するに、僕達バンドが参加しなかった FJS(Fan Club)のTalk&Live や夏のドイツで培ったものもあったのではないでしょうか。6人の歌姫のどこがどう良かったと挙げれば身内の褒めちぎり大会になりそうですので省きますけど、この素晴らしき歌姫達とのステージで演奏できる事を幸せに思います。


 最終日に座長が言ったこのチームの開演前儀式『団結Junction』の件ですが、歌姫の団結、FBMの団結、スタッフの団結、それぞれが梶ちゃんの音楽を軸にJunctionし素晴らしいステージにしましょう、そんな僕の解釈でございます。各々が自分の最高のパフォーマンスを出すやり方を重々分かっている大人達ですから、別段の気合い入れは不要です。


 さあ、この続きは『30th Anniversary Yuki Kajiura LIVE vol.#18 ~The PARADE goes on~in asia』ですね。少し日が空きますけど、台湾、香港、上海公演もしっかりと準備をしてアジアでも最高のステージを目指します。



Front Band Members (FBM)















左から、

Bass:高橋“Jr.”知治

Violin:今野 均

Drums:佐藤強一

Guitar:是永巧一

Manipulator:大平佳男

Flute:赤木りえ

Percussion:中島オバヲ

0件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「梅花の候 2024」

今日の東京は朝からしとしとと冷たい雨が降っています。このところ暖かい日が続いて、特に昨日の日中はほとんど半袖で過ごせるほどの陽気でしたけど、予報ではこれから寒さがぶり返すとのこと、皆様も急激な寒暖差にお気を付け下さい。 こつこつと続けてきた楽器のメンテナンスが漸く終わりました。金属パーツを外し綺麗に磨きつつ経年劣化したパーツを取り寄せては、新しいヘッドとともに組み上げてチューニング。スネアドラムだ

FBMの気持ち、送りました(2024)

先週、FBMの気持ちとして些少ではありますが、お約束通り能登半島地震災害への義援金を石川県へ託させていただきました。(近県でも被害があったことを承知しておりますが、被害の大きさを鑑みて石川県へとさせていただきました) このお金はFBMの活動資金としてプールしてあった中の一部で、僕個人のものではありませんし、元々はFBMのライブに足を運んで下さった皆様、FBMグッズを購入して下さった皆様あっての原資

徒然日記「向春の候 2024」

やはり暖冬ということでしょうかね、このところの東京は例年に比べてもだいぶ暖かい気がします。段々と日の長さも伸びてきたと実感できるこの頃ですが、予報では明日と明後日の東京は最高気温19℃まで上がるらしいです。確か去年の桜の開花は早かったように思いますけど、この分だと今年の桜も早く咲きそうな気配ですね。 先日のブログにドラムのメンテナンスのことを書きましたけど、主力の2セットを仕上げた後も練習に使って

bottom of page