検索

徒然日記「桜花の候」

もう三月も残り少なくなってきました。

今週、東京では桜のつぼみが開き始めた直後の火曜に雪が降りましたけど、よく「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますので、この雪は冬の残党の最後の足掻きだったのしょうか。

彼岸明けからは暖かくて春らしい陽気となり、桜の開花も順調に進んだ気がします。


東京の満開予想は28日頃らしいですけど、まん延防止等重点措置が解除されたとは言え、

桜花の下にシートを敷き、その上で酒や料理を楽しむ様な花見が出来る雰囲気ではないので、今年も通りすがりに愛でるぐらいでしょうかね。



さて、まん防も解除でやっと僕の趣味の一つでもある居酒屋探訪も行きやすくなりました。

今週は久しぶりにその居酒屋探訪に出まして、自分の勘と嗅覚を頼り歩き、良さげなオーラを感じ取った一軒の小さな居酒屋に入ってみました。


厨房を囲むL字のカウンター、その奥に小さなテーブル席が二つ、ぎゅうぎゅうにつめてもせいぜい15人ぐらいが限界でしょうか。

厨房には愛想も無さそうでぎょろっとした目が特徴の無口な大将、テキパキと注文を取るのは金髪の若い娘さん、なんか良い感触です。

先ずお通しが里芋を煮たやつ、このお通しで料理人の腕の大体を判断できると僕は思っているのですが・・・(むむっ、お主、出来るな)とっても上品な良い味付けです。

その後は期待通り、どの料理も美味しくてお酒も順調に進み立派に仕上げることができまして、久しぶりでも勘と嗅覚は鈍ってなかったと自画自賛もしながら、とても満足な居酒屋探訪の一日となりました。



今日はこれから全国的にかなり風雨が強まり激しい春の嵐になるとか、皆様もくれぐれも用心なさって良い週末をお過ごし下さい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

私事ですが、今年2022年、僕の年齢は本厄ということで(前厄という説もあるようですが)前々から行かなくてはと思っていた神奈川県寒川町の寒川神社へ厄払いに行って参りました。 寒川神社様のホームページに『厄年とは、私たち日本人が長い間かけて経験的に学んだ生活の知恵です。厄年と呼ばれる時期には、精神的にも肉体的にも大きな転換期、人生の区切りがあり、この人生の節目を、健康に過ごすための転ばぬ先の杖として、

このところの東京は日中こそ30℃を少し越えて、まだ蒸し暑さを感じますけど、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。 先日の素晴らしい中秋の名月は、皆様も愛でられましたでしょうか。明るい満月に照らされアスファルトに落ちる自分の影と、頭上の名月を交互に見ながら、秋虫達の声をBGMにした夜のウォーキングは、なかなか乙なものでした。 月を見ながら、ふと(あいつ、どうしてるかな?)と思い出した古い友人に電話