検索

徒然日記「浅春の候」

東京は昨夜の雨も上がり薄雲越しに暖かな陽射しも出てきました。

少し湿度のある空気にそろそろ加湿器の出番にも終わりが近いと感じています。

これからは段々と三寒四温がはっきりしてくる季節になってゆくと思いますが、今年の桜の開花は早いとか・・・コロナがこの感じですと今年の花見も遠慮となるでしょうかね。


昨日、新しいパスポートを受け取るついでに、見たかった映画『コーダ あいのうた』を観ました。

僕の主観ではありますけど、見終わった時に心がぐっと温かくなる、とっても良い映画でした。

曲がりなりとは言え僕も音楽を生業とする者ですので、音楽を軸としたストーリーには自然に感情移入が出来ましたし、

主人公の家族で聾唖者の役には実際に耳の聞こえない俳優をキャスティングしているとのことでしたので、その点からもリアリティが増したように思います。

まだ見られて無い方にはお薦めしておきます。



そうそう、僕も気になっていた梶浦由記のFiction Junction プロジェクトの歌姫オーディションでは良い出会いがあったとのこと、梶浦ファミリーの一員として嬉しく思います。

まだ新しい歌姫がどんな方なのかは全く知りませんけど、既にFiction Junction にはいずれも優秀で素晴らしい歌姫達が在籍している事を考えますと、針の穴を通すような高レベルでの選択だったと想像します。

その上で今のタイミングで座長が思い描くFiction Junctionにハマる運も持っている方ですので、ご一緒する時が来たら敬意を持って温かく迎えたいと思います。



さて、今日は雛祭りですね。

春とは言えまだ浅き頃、これからは寒暖差が大きくなってきそうですので、

先ずは皆様も健康第一で日々の暮らしを大切にしてお過ごしください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

私事ですが、今年2022年、僕の年齢は本厄ということで(前厄という説もあるようですが)前々から行かなくてはと思っていた神奈川県寒川町の寒川神社へ厄払いに行って参りました。 寒川神社様のホームページに『厄年とは、私たち日本人が長い間かけて経験的に学んだ生活の知恵です。厄年と呼ばれる時期には、精神的にも肉体的にも大きな転換期、人生の区切りがあり、この人生の節目を、健康に過ごすための転ばぬ先の杖として、

このところの東京は日中こそ30℃を少し越えて、まだ蒸し暑さを感じますけど、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。 先日の素晴らしい中秋の名月は、皆様も愛でられましたでしょうか。明るい満月に照らされアスファルトに落ちる自分の影と、頭上の名月を交互に見ながら、秋虫達の声をBGMにした夜のウォーキングは、なかなか乙なものでした。 月を見ながら、ふと(あいつ、どうしてるかな?)と思い出した古い友人に電話