検索

徒然日記「秋冷の候」

東京は昨日までの雨が止んで今日は青空が広がっておりますが、今週からは急に冷たい北風が吹くようになりまして早くも冬の気配を感じます。


私、先ほど新型コロナワクチンの2回目を接種してきました。


先月のブログには1回目の接種後24時間経過でいたって普通、さも何事も無かったように書きましたけど・・・実のところ、その数時間後にひどい副反応が待っていたことを今からカミングアウトしようと思います。


接種から30時間経過したあたりから発熱し、その後から頭痛、耳鳴り、めまい、嘔吐が重なりまして3日間ほど動けず寝込んでしまいました。

特にめまいはあまり経験したことが無かったので体勢を変える度にぐるぐると地球が回転して気持ち悪く辛かったです。

最近、ニュースでハバナ症候群という言葉を耳にしますけど、たぶん同じ様な症状かと勝手に分かった気になっています。


さて今回はどうなるのか不安もありますけど、スケジュールにも余裕を持っていますので何が来てもいいようにじっくり構えているところです。

先のブログに書きましたレコードプレーヤーも無事に新調できましたので、これからお紅茶でもいただきながら優雅にレコード鑑賞しつつ、おそらく来るであろう(来てほしくないけど)副反応の待機をしようと思います。


少し風が冷たいですがせっかくの土日の晴天、皆様もそれぞれの秋を楽しんでください。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

私事ですが、今年2022年、僕の年齢は本厄ということで(前厄という説もあるようですが)前々から行かなくてはと思っていた神奈川県寒川町の寒川神社へ厄払いに行って参りました。 寒川神社様のホームページに『厄年とは、私たち日本人が長い間かけて経験的に学んだ生活の知恵です。厄年と呼ばれる時期には、精神的にも肉体的にも大きな転換期、人生の区切りがあり、この人生の節目を、健康に過ごすための転ばぬ先の杖として、

このところの東京は日中こそ30℃を少し越えて、まだ蒸し暑さを感じますけど、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。 先日の素晴らしい中秋の名月は、皆様も愛でられましたでしょうか。明るい満月に照らされアスファルトに落ちる自分の影と、頭上の名月を交互に見ながら、秋虫達の声をBGMにした夜のウォーキングは、なかなか乙なものでした。 月を見ながら、ふと(あいつ、どうしてるかな?)と思い出した古い友人に電話