top of page
検索

「いろいろと新しい4月の始まり」

 東京は昨夜からの冷たい雨は上がって今は曇天となっています。予報ではこれから晴れてくるそうですけど、4月のスタートは北風が吹いて花冷えとなりそうですね。

ニュースを見ますと今日からいろんな物が値上げラッシュとか・・・一般庶民にはなかなか辛いものがありますが、平和に暮らせているだけ幸せだと思う今日この頃です。


 そうそう、今日は改正民法が施行され18歳からが成人、明治以来140年の大人の定義が変わる歴史的な日でもあります。

確かに、自分の18歳の時から考えますと、昨今の18歳は随分と大人っぽいと感じる事も多くなりましたけど・・・・・・

先日、Guitaristの是永さんとの雑談の中で、「だいたい僕らみたいなミュージシャンは大人になるスピードが遅い人が多いよね」「そりゃ、若い時から好きな事だけずっとやってるし」「しかも、始めた動機がモテたいとか、笑」などと話していましたが、

大人になるスピードは生まれ持った性質や育った環境などで、人それぞれの差があると思いますので、18歳でいろんな契約が可能になる事には若干の不安も感じますけど・・・まあ、定義上の大人は18歳になったと認識し、これからを見守ろうと思います。



さて、僕のHPのLive Scheduleにも近々にアップする予定なのですが、『Yuki Kajiura LIVE vol.17~PARADE~』が発表されております。

Fan Club 先行チケットの受付が終わりまして、4月2日(土) 12:00 から 4月10日(日) 23:59 までが梶浦由記オフィシャルHPでの先行チケット受付期間です。




自分で言うのも何ですけど・・・私、このコロナ禍で無くなった仕事の分をコツコツと練習を積み重ねる日々とし、自分の心のバランスをとってきました。

開催されるライブにいつも通り過去最高を目指すのは変わり無いですが、人知れず流れ去った仕事に無念を耐え忍んだ分の成果は存分に発揮したいと燃えております。


予報では月曜日あたりまで花冷えで寒そうですね、皆様もしっかりと体調管理に抜かりなきようにしてお過ごしください。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「新茶の候 2024」

5月ももう半ばですね。数日おきに雨の日もありますけど、日中晴れればもう汗ばむような陽気で早くも夏の香りが感じられる季節となりました。最近は夜ウォーキングにも半袖Tシャツで出るようになりましたが、出だしは少し肌寒く感じても、少し歩けばぽかぽかしてきて、気まぐれに走ったりもすると帰る頃には汗びっしょりという感じになります。 前回のブログから少し間が空きましたが、僕は相変わらずで体調もすこぶる良く、マイ

1 Comment


kyoichi_web
Apr 02, 2022

土曜の夜にこそっと追記。


 昭和の青春を過ごした世代にはサタデーナイトと言えばフィーバー、せいぜい花金(花の金曜日)ですけどね。

思うにやっぱり、昭和の時代の猛烈な社員達は月曜日から金曜日を上司からの強力な理不尽に耐えながらバリバリ仕事して金曜・土曜に一気に発散ということだったのでしょうかね。

 昨今では働き方改革などで上からの理不尽さも少なくなったようですが、先日の新聞には逆に上司が緩すぎて退社する若者もいるとも書いていました。

 部下のためにと厳しく指導するのとパワハラとの線も難しく、上に立つ者もなかなか辛いのだろうと、そんなことにあまり関係ない路を選んだ一ミュージシャンは想像します。


 さて、今日は4月2日、ブログ本文にあります「人知れず流れ去った仕事」の内の一つ、実は今日と明日は、とあるアーティストのサポートで広島ライブの予定でした。

まあ、公表前に飛んだので跡形もありませんけどね。

 前回、僕が広島に行ったのは甲斐バンドだったでしょうか・・・松山千春さんのサポートを辞めて以来、広島に行くことも少なくなったので、今回はとても楽しみにしていたので残念です。


 新型コロナの第六波がまだ拡大傾向の折、演者もお客様も含めてよりリスクを避けるために公表前に中止を決定したアーティストも苦渋の判断だったと思います。

 僕だってFBMのライブをまだ躊躇するのは、万が一の時のスケジュールやチケット関係、グッズなどの膨大な再調整が恐いからですので。

 FBMの場合、地方ブッキング&物販は全て僕の役割ですので、もしもの時に僕に物理的時間が無かったらと考えますと・・・恐ろしくてなかなか。


 今回中止になったアーティストからは直々に必ずリベンジするとのメールをいただいておりますので、その日を楽しみにしながらコツコツと頑張ります。


 ここを見るためのワンクリック分、少しだけ胸を開いたサタデーナイト追記でした。

 おやすみなさい。

Like
bottom of page