検索

徒然日記「大寒の候」



今日の東京は風もなく、とても穏やかな青天です。

まだまだ全国的に寒さの厳しい日は続いていますが、それでも少しずつですが日が長くなってきまして、心なしかお日様のエネルギーも増してきたようにも感じます。


皆様ももうご存じかと思いますが、深夜に僕の郷里の大分では大きな地震がありました。

電話で安否を確認したところ、母上曰く「だいぶ揺れたけん、たまがったけど特に問題無い」との事でした。(たまがったとは方言で驚いたとういう意味)

今後の余震もあるかと思いますので、一層の用心を頼んだところです。


話は変わりますが先日、健康診断に行きました。

詳しい結果はまだ後日なのですが、身長が1㎝ 縮んでたのがショック。

老化なのかもと若干ブルーな気持ちになりかけましたけど・・・まあ、検診は午後だったし午前中の練習で背骨にかかった重力の分の縮みだと解釈します。



さて、新型コロナウイルスのオミクロン株が感染拡大している状況で皆様も心労が絶えないと思います。

ただ、感染者のほとんどの方が軽症状と聞きますし、海外ではピークアウトした国も出てきたとのこと。

この蔓延防止等重点措置を最後にしてほしいと心から願いますが、先ずは基本的な予防をしながら、必ず来る夜明けのための準備をして行こうと思います。

皆様も良い週末をお過ごしください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

私事ですが、今年2022年、僕の年齢は本厄ということで(前厄という説もあるようですが)前々から行かなくてはと思っていた神奈川県寒川町の寒川神社へ厄払いに行って参りました。 寒川神社様のホームページに『厄年とは、私たち日本人が長い間かけて経験的に学んだ生活の知恵です。厄年と呼ばれる時期には、精神的にも肉体的にも大きな転換期、人生の区切りがあり、この人生の節目を、健康に過ごすための転ばぬ先の杖として、

このところの東京は日中こそ30℃を少し越えて、まだ蒸し暑さを感じますけど、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。 先日の素晴らしい中秋の名月は、皆様も愛でられましたでしょうか。明るい満月に照らされアスファルトに落ちる自分の影と、頭上の名月を交互に見ながら、秋虫達の声をBGMにした夜のウォーキングは、なかなか乙なものでした。 月を見ながら、ふと(あいつ、どうしてるかな?)と思い出した古い友人に電話