top of page
検索

徒然日記「晩冬の候」

2022年の1月があと二日で過ぎ去ろうとしています。

明後日からはもう2月になりますが、寒さの厳しい中にも少しずつ日ざしに春の温もりが感じられるようになりました。


ブログのネタもあまり無いのですが、一週間に一回ぐらいは書かないともしかしたら僕の健康などを心配される方がおられるかもなので書きます。

僕はお陰様で体調もすこぶる良く、毎日を元気に過ごしています。



皆様は埼玉県行田市にある埼玉(さきたま)古墳群をご存じでしょうか?

5~7世紀初頭に築造された9基の大型古墳が集中する東日本最大の古墳群ですが、

私、かねてよりこの古墳群の一つ、稲荷山古墳から1983年に発見された金錯名鉄剣を見たいと思っていましたが、とうとう先週に行ってまいりました。


国宝であるこの鉄剣には、古墳の被葬者と思われるヲワケの臣が自分の代々の先祖の系譜とワカタケル大王(雄略天皇と考えられる)に仕えたという事が金象嵌の115文字で記されています。

この時代、この関東の地にまで既にヤマト王権の中央集権体制が整えられていたという・・・朧気にも自分なりに当時の姿を想像しながら趣の深い時間を過ごせました。


ちなみに行田市の忍城は秀吉の小田原征伐で石田三成が水攻めをしたという「のぼうの城」でも知られていますけど、その際にこの古墳群の中の丸墓山古墳が三成の陣地となったそうです。

古墳公園として全体に良く整備されていて稲荷山古墳や丸墓山古墳には上に登ることも出来ますし、軽い運動と気分転換にもなりますので、皆様も機会があったら古墳巡りで遠い祖先を感じてみては如何でしょうか。



オミクロン株の感染者数増加の中で公表する以前に延期、再調整となったライブもありますけど、現状を考えますとその判断も致し方ありません。

しっかりと心身のバランスをとりながら自分の今出来ることをやって行こうと思います。

皆様もそれぞれの心にかかる重石があろうかと思いますが、出来る限りの体調管理をしながら春の訪れを待ちましょう。

2件のコメント

最新記事

すべて表示

今週の10年に一度とも言われる記録的大寒波、ニュースで大雪による各地の交通障害や石川県能登地方の断水の映像も見ましたが、皆様はご無事だったでしょうか。北日本の日本海側から北陸~山陰までは、これからも大雪で吹雪くところもあるとか、この寒波はもう少し続くようですので、くれぐれも用心なさってください。 雪国の方からは笑われそうな気もしますけど、東京でも最低気温が-3℃まで下がりまして超寒いです。前回のブ

季節は二十四節気の大寒に入り、暦の上でも一年で最も寒い時期ですが、東京でもまさに大寒と言うに相応しく超冷たい北風が吹いております。来週には東京都心でも最低気温がマイナス4℃という最大級の寒波がやってくるとの予報ですので、路面凍結や水道管の凍結もあるかもしれません、皆様も用心をなさってください。 私事で恐縮ですが、浴室の暖房乾燥機付き換気扇が故障しました。まあ、20年以上も使っていたのですから寿命で

東京は昨夜から久しぶりの雨模様の天気です。まあ、降ったり止んだりみたいですけど、このところずっと空気が乾燥していたので、この湿り気はだいぶ有り難いです。数日前から鼻がムズムズしだしまして、何かの花粉ではないかと疑っていたのですが・・・この雨で少し緩和された気がしています。 一月も半ばになりまして、皆様はもう正月気分も抜けて通常運転でしょうか。僕はChageさんのライブが6日で、密かな暗譜作業もあっ

bottom of page