検索

徒然日記「晩冬の候」

2022年の1月があと二日で過ぎ去ろうとしています。

明後日からはもう2月になりますが、寒さの厳しい中にも少しずつ日ざしに春の温もりが感じられるようになりました。


ブログのネタもあまり無いのですが、一週間に一回ぐらいは書かないともしかしたら僕の健康などを心配される方がおられるかもなので書きます。

僕はお陰様で体調もすこぶる良く、毎日を元気に過ごしています。



皆様は埼玉県行田市にある埼玉(さきたま)古墳群をご存じでしょうか?

5~7世紀初頭に築造された9基の大型古墳が集中する東日本最大の古墳群ですが、

私、かねてよりこの古墳群の一つ、稲荷山古墳から1983年に発見された金錯名鉄剣を見たいと思っていましたが、とうとう先週に行ってまいりました。


国宝であるこの鉄剣には、古墳の被葬者と思われるヲワケの臣が自分の代々の先祖の系譜とワカタケル大王(雄略天皇と考えられる)に仕えたという事が金象嵌の115文字で記されています。

この時代、この関東の地にまで既にヤマト王権の中央集権体制が整えられていたという・・・朧気にも自分なりに当時の姿を想像しながら趣の深い時間を過ごせました。


ちなみに行田市の忍城は秀吉の小田原征伐で石田三成が水攻めをしたという「のぼうの城」でも知られていますけど、その際にこの古墳群の中の丸墓山古墳が三成の陣地となったそうです。

古墳公園として全体に良く整備されていて稲荷山古墳や丸墓山古墳には上に登ることも出来ますし、軽い運動と気分転換にもなりますので、皆様も機会があったら古墳巡りで遠い祖先を感じてみては如何でしょうか。



オミクロン株の感染者数増加の中で公表する以前に延期、再調整となったライブもありますけど、現状を考えますとその判断も致し方ありません。

しっかりと心身のバランスをとりながら自分の今出来ることをやって行こうと思います。

皆様もそれぞれの心にかかる重石があろうかと思いますが、出来る限りの体調管理をしながら春の訪れを待ちましょう。

2件のコメント

最新記事

すべて表示

本日の東京は曇り、夜は少し雨が降る予報になっています。ゴールデンウィークが明けてからは梅雨の走りのような天気が続きましたけど、今週は晴れ間が出まして、多少蒸し暑い日もありながら、大旨は良好な緑風の季節を感じた一週間でした。 昨夜の事、ウォーキングをしていますと、道の脇を流れる小川にかかる橋の上で、親子がスマホで何かを撮っている様子でした。ちょっと早いけど、もしやと思い「ほたるが出ましたか?」と声を

今日は雨が止んだ午後から湿度が高く蒸し暑かったのですが、夜になってウォーキングに出ましたら、風が湿度を掠ってくれたようで気持ちの良いウォーキングになりました。夜空は八割方雲に覆われていましたけど、流れる雲の合間から時折覗くレモンのようなお月様がとても綺麗でした。 最近、いろいろと心を痛めるニュースが多いと思うのですが、僕はダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが亡くなった件には大きなショックを受けました。