検索

徒然日記「本厄払い」

 私事ですが、今年2022年、僕の年齢は本厄ということで(前厄という説もあるようですが)前々から行かなくてはと思っていた神奈川県寒川町の寒川神社へ厄払いに行って参りました。


 寒川神社様のホームページに『厄年とは、私たち日本人が長い間かけて経験的に学んだ生活の知恵です。厄年と呼ばれる時期には、精神的にも肉体的にも大きな転換期、人生の区切りがあり、この人生の節目を、健康に過ごすための転ばぬ先の杖として、お祓いをし、厄災を除こうとするのが厄除の御祈祷です。』と記載があります。言われてみれば僕自身、ちょうどこの歳になる少し前ぐらいから、確かに思い当たることがありましたので、寒川大明神様にしっかりと厄を祓っていただきました。

 

 気分的な作用もあるのでしょうけど、不思議なもので厄払いが終わると何か憑きものが落ちたように肩の軽さを感じまして、清々しい気持ちになります。僕の人生最後の厄年を無事に祓っていただきましたので、これで後顧の憂いなく、またこつこつと精進していこうと思います。

 ちなみに、おみくじは末吉、『もえ出ずる若葉の色ぞ美しき 花さき実る末も見えつつ』次第次第に運が開けて盛んになるが、一足飛びに事をしようとするな、とのことなので、今まで通りにじっくりやっていきます。


 さて、多くの方がこの三連休を楽しみにしていたと思いますけど、タイミング悪く台風14号が九州に近づいていますね。旅行、行楽などを計画変更せざるを得なかった方々は本当に残念だと思いますが、命あっての物種ですから、皆様も暴風や大雨、高潮などにも、十分に用心をなさってください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

このところの東京は日中こそ30℃を少し越えて、まだ蒸し暑さを感じますけど、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。 先日の素晴らしい中秋の名月は、皆様も愛でられましたでしょうか。明るい満月に照らされアスファルトに落ちる自分の影と、頭上の名月を交互に見ながら、秋虫達の声をBGMにした夜のウォーキングは、なかなか乙なものでした。 月を見ながら、ふと(あいつ、どうしてるかな?)と思い出した古い友人に電話

やっと台風11号が温帯低気圧に変わって過ぎ去りそうですけど、皆様はご無事だったでしょうか。現在の東京はどんよりと曇っていて今にも雨が降りそうです。予報によれば関東や東海ではこれから大雨になる地域もあるとのこと、皆様もお気を付けてください。 毎年この時期の台風の発生は、とても鬱陶しく感じて嫌なものですけど、台風は水不足を解消する他に海水をかき混ぜ、海水温度を調節して珊瑚の生息には必要だとか。 珊瑚が