検索

徒然日記「清秋の候 2022」

 関東は昨日から晴れて今日も気持ちの良い秋晴れとなっています。今朝の気温は一桁台まで下がりまして、寒さで起床後の着替えが自然と素早くなってきた今日この頃です。


 先日の事、大分の知人からお酒とともにカボスや銀杏が届きました。ずっしりとした重量感で艶のある高級カボスを手にとって、僕が最初に思ったのは秋刀魚が食いたい、笑。

 カボスはどんな料理にもさっぱりした爽やかな風味を足してくれて、それでいて料理本体の味を邪魔しないので大好きなのですが、中でも焼き魚にはベストマッチだと思います。


 ここ数年、秋刀魚は不漁が続き、今年も去年よりは少し良いぐらいで豊漁にはほど遠いとは聞いてましたので、まあ、ダメ元で近所の大型スーパーに寄ってみたら、ちょっと小振りだけど、1匹100円、お一人様5匹までで売ってました。

 焼き秋刀魚にたっぷりとカボスを搾り、つでにハイボールにもカボスを搾って、煎った大粒の銀杏も一品に加えての秋の味覚に舌鼓を打つ、食欲の秋を満たす贅沢な夕飯でございました。(ちなみに今年の初秋刀魚、小振りで少し見栄えはしませんけど、その分食べやすくて味はとても美味しかったです)


 さあ、これからが「天高く馬肥ゆる秋」の本番ですね、しばらくこの好天が続く予報ですので、一年で一番良い季節の到来だと思います。食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、行楽の秋・・・各々がいつも通り普通に楽しむだけでコロナで傷ついた日本経済を回すことにも繋がって一石二鳥ではないでしょうか。

 私個人的に絶対行かなければと思っているのは、東京国立博物館創立150年記念「国宝、東京国立博物館のすべて」史上初、国宝89件を公開・・・もう涎が出そうな内容ですので丸一日、足が棒になる覚悟ですけど、この秋の楽しみの一つにしています。皆様も先ずは健康第一で、それぞれの秋を楽しんでください。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

年齢のせいもあるのか・・・年々、一年の早さが少しずつ加速しているような気がしますけど、令和四年の寅年も残り一か月となりました。12月に入って急に冬らしくなり、だいぶ冷え込んできましたが、お陰様で僕はとても元気に毎日を過ごせています。 私、昨日は早朝の3時50分に起床、サッカーのカタールWカップ、日本対スペインをリアルタイムで見まして、あの歴史的な瞬間の証人の一人となりました。 いや~正直な話、逆転

11月最後の日曜日、東京は抜けるような青空で気持ちの良い秋晴れとなりました。絶好の行楽日和となりまして、紅葉狩りなど行かれた方は最高だったのではないでしょうか。 サッカーのカタールWカップが盛り上がっていますね。日本の初戦、対ドイツはリアルタイムでTVに齧り付きながら見ておりました。日本に分が悪い下馬評もなんのその、日本代表の逆転勝利には感無量でございました。この調子で今夜のコスタリカ戦も素晴らし