top of page
検索

NHK BSドキュメンタリー番組「6000曲の“パレード” 作曲家 梶浦由記」を見て(2023)

更新日:2023年12月28日

  昨夜、録画してあったNHK BSのドキュメンタリー番組「6000曲の“パレード” 作曲家 梶浦由記」を見ました。おそらく膨大にあったはずの映像から一時間の枠内にまとめる編集は大変だったと推察しますが、その分なかなか濃い内容で梶浦ファンの皆様にとりましても趣深い内容だったのではないでしょうか。


 30年の付き合いがあっても意外と初めて知る部分がありました。作曲している場面に関しては、仕事場にも何度かお邪魔したことがありますので見ての通りだったのですが、作詞している場面は初めて見た気がします。See-Sawの時代から梶ちゃんのメロディーに落とし込む言葉のセンスは超秀逸だと思っていましたけど、いつどこでどうやって創作しているのかを知らなかったので、何だか昔話の鶴が機を織っているところを見たような感覚で、とても新鮮な気持ちで見させてもらいました。


 若くして亡くなられたお父様が芸術に造詣が深かったことは以前から聞いていましたけど、番組で改めてお父様との思い出を語る梶ちゃんを見て僕の勝手な解釈ですが、過ごせた年月が短かったからこそ、共に芸術を楽しんだ日々が濃密に心に刻まれているのではないでしょうか。あるいはそれが梶ちゃんに音楽を軸にする生き方を選ばせたとするならばと、お墓参りのシーンではテレビ越しではありますが、感謝の気持ちで一緒に手を合わさせてもらいました。


 ちょっと誤解があるといけませんので、『ことのほかやわらかい』のレコーディング時の梶ちゃんの遅刻の件ですが、30年の付き合いの中でライブやリハーサルでも、もちろんレコーディングでも梶ちゃんの遅刻は記憶にありません。(曲作りが切羽詰まってギリギリはあります、笑) あの日の遅刻は本当にたまたまで、なかなか無いとてもレアなケースが放送されたということです。


 梶ちゃんは30周年の武道館が「マイルストーン」だと言っていました。僕は「マイルストーン」という言葉を最近になって知ったのですが、「マイルストーン(milestone)」とは、プロジェクトを完遂するための中間目標地点を指す言葉だそうです。プロジェクトはまだまだ先がありそうですので、皆様も健康第一でお願いいたします。

1件のコメント

最新記事

すべて表示

徒然日記「梅花の候 2024」

今日の東京は朝からしとしとと冷たい雨が降っています。このところ暖かい日が続いて、特に昨日の日中はほとんど半袖で過ごせるほどの陽気でしたけど、予報ではこれから寒さがぶり返すとのこと、皆様も急激な寒暖差にお気を付け下さい。 こつこつと続けてきた楽器のメンテナンスが漸く終わりました。金属パーツを外し綺麗に磨きつつ経年劣化したパーツを取り寄せては、新しいヘッドとともに組み上げてチューニング。スネアドラムだ

FBMの気持ち、送りました(2024)

先週、FBMの気持ちとして些少ではありますが、お約束通り能登半島地震災害への義援金を石川県へ託させていただきました。(近県でも被害があったことを承知しておりますが、被害の大きさを鑑みて石川県へとさせていただきました) このお金はFBMの活動資金としてプールしてあった中の一部で、僕個人のものではありませんし、元々はFBMのライブに足を運んで下さった皆様、FBMグッズを購入して下さった皆様あっての原資

徒然日記「向春の候 2024」

やはり暖冬ということでしょうかね、このところの東京は例年に比べてもだいぶ暖かい気がします。段々と日の長さも伸びてきたと実感できるこの頃ですが、予報では明日と明後日の東京は最高気温19℃まで上がるらしいです。確か去年の桜の開花は早かったように思いますけど、この分だと今年の桜も早く咲きそうな気配ですね。 先日のブログにドラムのメンテナンスのことを書きましたけど、主力の2セットを仕上げた後も練習に使って

bottom of page