Blog

検索

八神純子さん LIVE 2021「No matter what , I SING 〜 Zepp round2」は福岡、東京の2公演を終えました。(4月17日の大阪公演は延期調整中)


昨日の東京公演は緊急事態宣言の1日前、スタッフを含めチーム全員で感染予防対策を万全にしているとは言え、八神さんご本人をはじめ運営スタッフも相当に悩みながら開催の決断だったと思います。

また、お客さんもこの状況下でいろいろ制限のあるライブに参加することを迷われた方も多かったのではないでしょうか。

そんな中で無事に開催ができまして客席数制限はありながらも満員御礼、お客さんの熱い拍手が一ミュージシャンとしてとても有り難かったです。


まだ新参者の僕が言うのもおこがましい気がしますけど、リハーサルと本番二公演を終えて八神さんの凄さを益々実感してきました。

僕が中高生時代にテレビやラジオで聴いていた頃と全く変わらない圧倒的な歌唱力には本当に驚かせられます。

鍛えられた身体や楽屋から聞こえて来る本気の発声練習などから勝手に推測しますと、持って生まれた天性のものの上にまた相当な努力も重ねた賜物ではないかと思います。

また、長いキャリアの中では僕らの大先輩ミュージシャン方とも多く共演して来られたはずですが、それでいながら僕らとは何の垣根も無く明るく自然に接してくれまして、話してると何だか天真爛漫な少女のような雰囲気さえも感じます。


人間力も含め八神さんのような天才と同列には語れませんけど、僕も常々音楽に真摯でひたむきであろうと心がけていますので、改めてまだまだ修行を重ねていかねばと気持ちを引き締めた次第です。

このところの東京は朝晩の肌寒さはまだありますけど、日中はもう汗ばむ初夏のような陽気で木々の新緑の勢いがぐんぐんと加速しているように感じます。

一昨日も諸用ついでに徒歩で秋葉原からお茶の水の楽器屋さんを巡りましたけど、もう汗かきかき、上着を脱いでTシャツ一枚がちょうど良い感じでした。

(宣伝、そろそろFBM高機能Tシャツが重宝する季節です)


さて、東京や大阪に京都、兵庫にも緊急事態宣言が出そうな気配ですね。

3度目の緊急事態宣言には誰もが「またか」とやり場の無い気持ちになるのではないでしょうか。

かく言う僕も全くそうなんですけど・・・以前のブログにも書いたように僕達が選んだこの国の代表がその時々の難しい状況下で下した決断は尊重したいと思っています。


現在、僕が携わる現場は公演前に必ずPCR検査や抗原検査を実施し、会場での感染予防対策も徹底されております。

チームも僕個人も最高のステージを目指してハーサルや練習を重ねて来たのですから、もちろん予定されている公演はやりたいと願っていますが、その時の状況において開催の是非はチーム首脳陣の判断に任せる他ありません。


これから季節は段々と人間に有利になり、ワクチン接種も進んでいけばこのウイルスとの戦いに勝つ日は遠からず来ると思っていますが、ウイルスも生き物だとすれば変異などして生き残るのに必死でしょうから今後も油断無きよう自分の出来る感染予防をしていこうと思います。

皆様もどうかお気をつけてください。



PS:Aimerさんのnew album『Walpurgis』が本日発表のBillboard Japan Hot Albums、 Download Albums、 Top Albums Sales でいずれも初登場1位を記録!Aimerさん初の3冠を達成したそうです、誠におめでとうございます。

梶浦曲の「春はゆく」と「wonderland」の2曲を演奏させていただいてとても光栄に思います。

東京はまだ肌寒い日がありますけど、晴れれば日中の陽射しがだいぶ強くなったと感じられます。

今日は布団を干したらパンパンに膨らんだ羽毛からお日様の匂いがして今夜は気持ち良く寝れそうです。


さて、八神純子さんのZeppツアー「No matter what , I SING~ Zepp round」が福岡からスタートしました。

せっかくの地元九州なのにこのコロナ禍で現地の友達に会うのもままならず、少し寂しかったですが、何はともあれツアーの初日が無事に開催出来てほんと良かったです。

(Twitterに書きましたけど、残念ながら4/17の大阪公演は延期となりました)


今回、初めて参加する八神さんのツアーサポートですが、リハーサルでは僕が高校生の時にテレビやラジオで聴いていたあの伸びやかな歌声そのままなのでほんと感動しました。

スタッフの方にちょっと訊いたところ八神さんは日頃からアスリート並みに身体を鍛えていらっしゃるとか・・・20曲を越えるメニューの2回の通しリハーサルも何事も無いように歌われるのにも納得しました。


メンバーと話していてびっくりしたのがKeyboardの土屋さんが故小川文明さんの教え子でSuzy Cream Cheeseのライブに来ていたり、もう一人のKeyboardの真藤君が僕がサポートしていた時代のSing Like Talkingのライブに来ていたりと、何だか縁も感じる楽しげな現場になっています。


大阪公演は延期になりましたけど、このツアーには久しぶりの札幌公演もありまして生前にお世話になった方の墓参りも行きたく、何とか無事に残りの公演が予定通り開催出来てほしいと願っています。